プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.150 孫正義「規格外」の仕事術 / 三木雄信
孫正義「規格外」の仕事術―なぜソフトバンクは逆境でこそ強いのか (PHPビジネス新書 157)孫正義「規格外」の仕事術―なぜソフトバンクは逆境でこそ強いのか (PHPビジネス新書 157)
三木 雄信

PHP研究所 2010-12-18
売り上げランキング : 26295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011.04.03(sun)
元社長室長として、ソフトバンクの孫正義社長の近くにいた三木雄信さんが書いた一冊。

全体的にソフトバンクの社史をなぞっているため、
ソフトバンク関連書物をわりと読んでいる僕的には、そこまで真新しいことはなかったように想う。

ただ印象的だったのは、
事業パターンは1000用意しろ、という話。

普通の企業であれば、事業計画を「強気」「中立的」「弱気」の3パターンで提案するらしいが、
孫社長に3パターンだけ出すと怒られるというのだ。


じゃぁどうやって1000パターン出すのか。

それはパターンの軸を増やすという方法です。

パターンとしては「顧客獲得数」「顧客単価」「設備投資額」「顧客獲得コスト」などを用意する。

ここで顧客獲得数を5年間で
「強気に300万」「中立で200万」「弱気で100万」
さらに3年間で達成して、残り2年は変化なし、といった場合で6パターンできる。

この6パターンが4つの軸それぞれにあるとすれば、
6×6×6×6=1296パターンになる、っていう話です。


こうして1000パターン近くの中から、
最適なものを選択するというのですから、成功の精度も高くなるのはイメージがつきます。

この考えは、今後事業計画を考える際に参考にしたいと思います。


もう一つ個人的に面白かった記事を一つ。

「数字はフォースでわかるようにならなきゃいかん。考えるのではなく感じるのだ」(P75)

仕事では数字は必ずといっていいほどでてきます。
財務諸表もそうですし、事業計画も然り。

それらの数字を瞬間的に理解してしまう社長の明言だと個人的には想います。



なによりも、スターウォーズ観てたんだという驚きもありました。笑

Twitterでの親近感といい、
ホント東証一部上場企業の社長とは思えないほど親近感が芽生えてしまいます。



本書はソフトバンク関連図書をあまり読んだことがない人には、
きっと沢山の驚きがあって面白いかと想います。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/972-24d6c45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。