プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.148 経営戦略をといなおす / 三品和広
経営戦略を問いなおす (ちくま新書)経営戦略を問いなおす (ちくま新書)
三品 和広

筑摩書房 2006-09
売り上げランキング : 23023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011.03.16(tue)
社内の後継者を育成する学校で知り合った方に薦められ、
その日のうちに購入して読み進めたのが本書【経営戦略をといなおす

冒頭から、巷に溢れている経営戦略というものについて認識がずれている、という点を
その際に過去のデータで用いながら論述し、経営戦略とは何かを説明します。

後半は心の持ちようや人材について、また学生や中堅社員に贈るメッセージとして、
データではなく哲学に近い精神論で締めています。


個人的には非常に本書を読んで勉強になったと感じています。

再読する価値も十分にある。


経営者を目指すと考えてはいるものの、果たして経営をどう学ぶのか。
そこはすごく問題になる点だと思います。

今の仕事を続け、そして管理職になって、果たしてそれで経営者になれるのか。

そうした疑問を述べているのが本書のようであり、
随所に共感できるポイントがあって読み進めていくうちに爽快感さえ感じました。



本書の中で非常に納得のいく文章があったので抜粋。

戦略が合理的だと皆同じことを考える。非合理の要素がなければ独走につながらない。
「理」と思い込んでいる通念や慣行に潜む嘘を見破ることにこそ、戦略の第一歩がある(P53)



本書では、戦略とは「長期利益の安定成長を図ること」としています。

多くの企業は数十年単位で見ても、長期成長ができていないのが現状であり、
それは戦略不全と言われても仕方がないとしています。


ではどのように長期利益を目指すかというと、
上記のフレーズの言葉が出てくる訳です。


そしてそのためには、「機」を読み取る心眼が必要であり、
その心眼は人固有で主観に基づく特殊解であるとも本書では述べております。


その心眼を育むものは、社会に出てからの40年間ではなく、
学生時代の幅広い教養であると筆者は最後に締めている。


簡単に言えば、
学生時代に習得した幅広く見る視野によって、今までのやり方に異を唱えるような新しいことを見つけ出し
それを推進することで長期利益が望めるようになる、といったところでしょうか。


この本は是非とも学生、ないしは入社まもない人材に読んで欲しい。

僕自身すごく勉強なったので。

新書で持ち歩くのも便利ですし、通勤途中に読むことをオススメ致します。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/966-a5bfa49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。