プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.146 孫正義が語らないソフトバンクの深層 / 菊池 雅志
孫正義が語らない ソフトバンクの深層孫正義が語らない ソフトバンクの深層
菊池 雅志

光文社 2010-12-16
売り上げランキング : 15441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011.02.26(sat)
知人たちの間で話題になっていたので僕も手に取りました。
孫正義が語らないソフトバンクの深層

これは非常に面白いコンセプトで、
ソフトバンクの幹部に焦点をあてた本。

ソフトバンク感連本というと、社長・孫正義が絶対的な存在として描かれることが多い。

いってみればソフトバンク=孫正義。



もちろん一代でここまで築いた功績を考えれば、
上記のような方程式のように言われるのは仕方がないことでしょう。

しかし孫正義社長一人で本当にここまで大きくなったのか、と言えば答えは否でしょう。



社長を支える多くの幹部や、部下によってここまで成長しているのです。

社長が描くストーリーを実行してきた人々。
そうした人々に焦点をあてることで、より具体的にソフトバンクという会社がわかると思います。


個人的にも、幹部の方々の背景や苦労話を読めてすごく親近感が沸いたし、
何よりソフトバンクという会社の層の厚さを感じました。

ソフトバンクは新人を1から叩き上げることに固執しません。

能力があれば認め、いくらでも外部から連れてくる。



社長の後継者候補の学校にしたってそうです。

内部生だけでなく、外部生からも集うなんて他の企業にあるでしょうか。



このように内部だけの視野に染められていない、外部のDNAを注入することで、
組織として大きな力を得ることになる。

もちろん外部を入れていくとバラバラになることも危惧されますが、
それが全体として強いシナジーを生み出していることにソフトバンクの強みがあるのかもしれません。


違った視点でみるソフトバンクはかなり面白かったです。

オススメします。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/962-36e06f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。