プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[リーダーシップ] 言葉の言い回し
2011.02.07(mon)
言葉の言い回しによって人の感情は大きく動きます。
良く働く場合もあれば、逆に悪く働く場合もある。

自分がリーダー・上司になった時には気を付けなければいけない項目の一つでしょう。


現在のプロジェクトリーダーは、
それが悪い場合に働くタイプの人です。


例えばこんな言葉。


「それで考えたつもりなの?」


本人は無意識かもしれませんが、
この言い方は非常に部下のモチベーションを下げます。

この言葉を使うことで一体何が得れるのでしょうか。


新しいアイデアを必要とした場合、
この言葉を言われた後に部下は再び考えてくれるでしょうか。


部下がどれほど考えているのか、逆に考えていなかったとしても、
それを上司が「お前は考えている・考えていない」と判断してはいけないのではないでしょうか。


あくまで主観の判断だからです。

上司から見て「まだ考えが甘い」と感じたのなら、
上のような言い回しではなく

「この部分が○○という理由で主張が弱い。△△の観点も踏まえてもう少し考えてみてもらえないか?」

とかの方が部下にとってはわかりやすいし、もう一度考える気になります。
少なくとも僕は後者の言い回しの方が仕事をする気になります。



他の例を挙げます。


「これしかできてないの?」


あるメンバーは他の仕事が忙しくて進捗があまりでませんでした。
その時に言い放ったのが上の言葉。


確かに忙しいのはリーダーも含めて一緒です。

しかし、その言い方では部下を仕事に促すことはできないのではないでしょうか。


特に信頼関係が築けていない場合、
非常に場の空気を壊す威力を持っています。


なぜ部下は作業をできなかったのかを考え、理解してあげることも必要だと思います。
そして次はできるようにタスクの割り振りを見直したり、
部下のモチベーションを高めることを意識した方がいい。


リーダーって本当に難しいですね。

しかし一つ一つ学びながら進んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/952-073a29e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。