プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



教育の在り方
2010.12.29(wed)
本年度最後の記事は、少し真面目な話題で締めくくろうと思います。

そのテーマは、「教育の在り方


非常に大雑把ではありますが、今二つの教育の方法があるとします。

A. 自分自身で勉強を進め、試行錯誤をしながら進めることで幅広く知識を得ていく方法
B. 学ぶべき事柄を教えてもらい、それをベースに自ら知識を広げていく方法

A案とB案、皆さんはどちらが正しいと思いますか?


そうです、正解なんてありません。

どちらも正しいと言えます。


しかし対極の考え方であるため、自分がどちらの手法に適しているのか、というのはあると思います。

僕は間違いなくB派です。
自分の勉強スタイルとして、Bのやり方が効率的で自分に適していると感じている。



もちろんAを否定したい訳ではありません。

Aが必要な時も当然あります。
それは誰も知らない新しいことをやり始めるときなどがそれにあたります。



なぜ、こういう話をしているのか。


それは、自分を育ててくれている先輩Xさんの教え方が物議を醸しているからです。

Xさんは断固としてAの考え方を主張。

それ以外を受け付けません。

僕は僕なりにB案を主張しているのですが、
「得られる知識が3分の1になる」などの理由によって断固としてA案を支持しています。


それがXさんの生きてきた中で培われた成長方法であるので、
それ以外に成長する術はないと感じているようなのです。


しかし、A案は間違ってはないと思うけど、ついていける人も多くはないと思うんですよね。。。。

ベースのない人にそれを求めるのは正直酷な話です。

何を勉強したらいいのかわからない。
勉強したとしても、ある程度の経験がなければ深堀することも厳しいと思います。

同時にモチベーションの維持という問題もあります。

僕は大学院という環境でもまれていた分、精神面でへこたれることはありませんが、
恐らくへこたれる人も結構な割合でいるのではないでしょうか。

事実、Xさんから教えていただいていた方々でついていけなくなってしまった人も数名。

全てが全てXさんのせいだとは思いませんが、
A案だけを押しつけてしまう点に関しては賛同しかねます。



確かにXさんが主張するような、誰も教えてくれない状況に今後なった場合、どう対処するのか、
という考えも一理あります。

今のうちからわからないことは自分で対処できるようになっておけ、という気持ちもわからなくもありません。

が、如何せん主張したいのは、知識のベースがない人にそれを求めるのは酷だという話です。



僕からするとAは極めて非効率に感じてしまう。。

何度も言いますが、否定はしませんよ?


でも、誰かが知っている知識に関して同じように頭を悩ますのは僕はナンセンスに感じてしまう。

例えるなら万有引力という知識が体系だてられているのにも関わらず、
教科書を見ることも許されず、「物体はなぜ落下するのだろう」と闇雲に勉強をしている感覚。

ニュートンが何年もかけて解明した事実を、
同じぐらいの時間をかけて解明する必要は果たしてあるのだろうか。


それならば先人が体系立てた知識を片っ端から学び、
それをベースにし、解明されていない新しい物事に試行錯誤しながら取り組むのが効率的であり、

人類はそうして進化してきていると思います。

そうでなければ偉大なる先人たちは、紙に知識を記録することなんてしなかった訳ですから。


先人たちが築き上げてきた知識を真似し学び、そして新しく開拓して次の世代へと受け渡す。

学ぶの語源は「真似」

それは先人たちと同じ苦悩を繰り返すのではなく、
先人たちが築き上げた知識を真似して覚えることです。


B 案が先にあっての A 案だと思います。

試行錯誤をすれば確かに知識は三倍多いかもしれない。

しかし3倍時間をかけているからとも言える。

モチベーションが保てない人であれば3倍以上の時間をかけるかもしれない。


どうでしょうか。

決して A 案も間違っているとは思いませんが、
時と場合と、習う側の人にもよると思うのです。

このテーマは非常に面白く、今後の教育の観点にとっても大切な議論になるのかなと思います。

ちょっと同期で行っている勉強会のテーマとして出してみようかな。



と、真面目な話を繰り広げさせていただきました。

そんな訳で、来年もよろしくお願い申し上げますmm
(どんな訳でしょう。笑)


スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/932-13c9ae20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。