プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワンピース次週予想【607話】
ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎

集英社 2010-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.12.06(mon)
という訳で早速ワンピースの日になったんですけど・・・・


もう予想できないなと察してきました。笑。

ですが懲りずに触れていきたいと思います!



1.カリブーって一体

光輝くくらげや巨大深海魚、目の進化した魚・・・・
深海に着いてからサニー号を数々の怪物どもが襲う。

そんなどさくさにまぎれてカリブーがいなくなった。


不安がる船員をよそに、
カリブーは自分の体を液状にし、樽の中に潜んでいたのであった。

クラーケンを倒した主戦力のルフィ・ゾロ・サンジがいないことをいいことに、
魚人島についたら残りの船員を殺そうと、企んでいたのだが・・・・


あっけなくフランキーに樽から出られなくされた。


・・・本当に2億なのか!?

3000万のアーロンの方がまだ悪役として全うしていた気がします。



しかしここで一つわかったことがあります。

フランキーも触れていましたが、カリブーはロギアであることです。


それも恐らく泥でしょう。
ドロドロの実の能力者。

漫画の色だと白だからいまいちよくわからなかったんですけど、
フランキー目線で泥に見えているらしいので、きっと泥だ。笑。


さらに僕は一つ気付きました。

フランキーの余裕さです。

相手がロギアであっても動じません。


それは、フランキーもロギアに対抗する力を持っている可能性があるのではないか、ということです。

覇気を使えるかどうかは別としてですが。


例えば泥をカチンカチンに固めることができる武器があるとか。


現段階で覇気を身につけているのがルフィだけである以上、
ロギアに有効なのがたった一人。

しかしそれではあまりにも心もとなすぎです。

大将といつかやり合うとしたら、下手したら3人と戦うかもしれない。


となるとロギア対策ができる船員が他にいても不思議ではないと個人的には想うんです。

それも今後色々とパワーアップした力が出てきそうですね。


2.バンダーデッケンと海坊主

あんこうの光に騙されておびき出されたサニー号の前に現れたのは、

巨大な海坊主(名はワダツミ)!!!

そしてゴーストシップ、フライングダッチマン号!!!

その船に乗る船長の名はバンダー・デッケン。



バンダー・デッケンは嵐の日に船員を船から突き落として皆殺しにし、
そして神に向かってツバを吐いたことによって、

その罪ゆえに永遠と海底を彷徨い続ける宿命を背負った呪われた人物だそうです。


そんなバンダー・デッケンがワダツミに指示をし、サニー号に攻撃をしかけてきた。




3.クラーケン再び

逃げ切れないサニー号を助けたのは、なんと巨大タコ、クラーケンだった。

ワダツミをボコボコにするクラーケンに対し、
「おい!もういいぞ!!やめろ!!」

とルフィが登場。


はぐれたと思ったらクラーケンを手なずけて帰ってきました。

再び再会を果たした麦わらの一味、
そして謎に包まれたままのフライングダッチマン号。

そんな彼らの近くで、今度は海底火山が噴火しそうに・・・・



完。


とういう訳で、新たにワダツミや顔が出ていないバンダー・デッケンなどが登場。

スリラーバークでおばけなどなど取り扱っていたけど、
ここにきて再びゴーストシップの登場です。

さらにワダツミ、先ず海の中でどうやって生きているのかという点、
さらに風貌がサンファンウルフに似ているという不思議、

もっと言えば、海神と書いて”ワダツミ”と読む驚き!!!(これは個人的な驚きです)


このワダツミという存在が今後どう活きてくるのか、楽しみですね。

サンファンウルフ対策の一役を買うのでしょうか。


またゴーストシップの存在も気になります。

これが今回の敵役なのでしょうか。

謎は深まるばかりです。


・・・・カリコリ一派はもう出番ないのかな。笑


取り敢えず来週は火山が噴火することでゴーストシップとも一旦お別れ、
そしてクラーケンとともに魚人島ってトコでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/914-4373fbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ONE PIECE 60巻

前半は59巻からの過去編 マンガ情報サイト【2010/12/14 14:25】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。