プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.133 取締役になれる人 部課長で終わる人 / 上之郷利昭
取締役になれる人 部課長で終わる人 (リュウ・ブックス・アステ新書)取締役になれる人 部課長で終わる人 (リュウ・ブックス・アステ新書)
上之郷 利昭

経済界 2003-09
売り上げランキング : 32150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.11.14(sun)
本屋をぶらぶらしたらたまたま見つけ、
社長を目指す社内の学校に所属している身としては非常に気になってしまいました。

タイトルがちょっと攻撃的で紹介するのが億劫なんですが。笑。
取締役になれる人 部課長で終わる人


まぁもうタイトルだけで中身はわかるかと思います。

本書の特徴としては日本を代表する様々な企業の取締役や社長の生の声をふんだんに盛り込んでいること。
ページを不特定に開いてもほぼほぼ著名な経営者の名前がでてくるぐらい。

そのおかげで言葉の信憑性も強いと感じます。

実際に取締役以上まで上り詰めた人の言葉ですからね。

また、ちょっとあまり宜しくない特徴としては、基本的に男目線であること。
まぁそれが現状と理解し読み進めていく他ありませんが。


さて、そんな本書ですが、
その中で衝撃的な内容が目につきました。


部長くらいまでは誰でもなれる。でもそこから上は本人次第というより女房で決まるんだ (P83)

少し改変していますが、こちらは著者の御友人が仰られた言葉だそうです。


これには衝撃とともに納得感もずば抜けてありました。
というのも、上に上げれば上がる程責任が重くなるということは、仕事に専念する必要もでてくる。

いつもいつでも家族優先という訳にはいかなくなることもあると思います。

つまりは、絶対的に伴侶の理解と助けが必要になってくる。


これはそうだと思います。
出世頭が女性であれば、夫の支えが必ず必要になる。


そうした理解が家族の中でなければ、上り詰めるのはさらに大変そうです。
嫁(夫)選びも慎重に、ですね。


またさらに上に行くためには、今度は子供が重要になってくる。

なぜか。
理由は二つ。

一つには子は親の鑑(かがみ)だからです。

自分の人間性は子供に反映されてしまう。
子供が自分の本当の姿を映し出すというのです。

また二つ目の理由として、家庭の安定性を見るためです。

家庭が不安定では仕事に集中できない。
それは伴侶の協力が得れないことと似ている部分がありますが、

家庭という小さな運命共同体を営めない人には会社という巨大な運命共同体を営むことはできない、と。


これも納得感があります。

実際に僕も相方ともめている間は仕事のパフォーマンスが下がる。
そうしたことを仮に定期的に起きてしまったら・・・

もちろん相方に対して自分が悪い部分も多分にあると思います。
だからといって仕事を犠牲にする訳にもいきません。。。。


そうすると、お互いがより理解し合えている関係が望ましく、
取締役以上を考えている人を伴侶にするのであればしっかりとバックアップを行える人がいいと思います。


他にも色々と取締役になるための条件というのが見えてきます。

ネアカであること、どんな逆境でも負けない人、運のある人・・・

取締役になりたいと願っている人は一度、目を通しておくといいかもしれません。

ただし注意したいのは、取締役になったときの重い責任感も述べられているので
その辺りの覚悟がある人がいいかと思います。


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/896-dae755bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。