プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.132 頭のいい説明「すぐできる」コツ / 鶴野充茂
頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫)頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫)
鶴野 充茂

三笠書房 2008-11-20
売り上げランキング : 8258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.11.13(sat)
異動した部署の先輩からいただいたのがこちら【頭のいい説明「すぐできる」コツ
どうやら僕が入社する前に統括部内の人々に配られたそうです。

これがまた自己啓発も兼ね備えていて良本。
少ないながらも自己啓発に関する本も読んできましたが、納得する点が多くて良かった。

というのも自己啓発本って、
ある程度内容が被っていたりするじゃないですか。

でもこの本はそうした被りを感じさせないor他との差別化がしっかりできている、という印象があります。


2章の2なんかは自分ができてないことなのですごくためになりました。
これは「情報の取捨選択」に関する項目です。

上司に報告する場合、「重要度の高い情報」と「重要度の低い情報」が必ずあると思います。

じゃぁその「重要度の高い情報」って何かというと、


聴き手である上司が求めている情報です。


当たり前の話なんですけど、これが意外とできない。

僕は基本的に結論・結果から物事を話すようにしています。
しかし上司によっては結論が必ずしも重要でない場合もある(極稀だと思いますが。笑)

そうしたことを察する能力も必要だと気付かされました。


相手が何を求めているのか、それを今後はしっかりと意識して取り組みたいと思います。



また本書の後半にこのような記述がありました。
こちらも「その通りだ」とすごく納得。

言い方のクセは、考え方のクセ (P165)

普段、皆さんは否定的な言葉、逆接の接続詞をどれくらい口にしているでしょうか。

「できない」「無理」

「でも」「けど」

そうしたネガティブな言葉が口に出てしまうのは、相手にいい印象を与えません。
少なくともプラスには働きません。

例えば本書のこんな例。

「企画書を今まとめているところです。でも関連資料を集めるのに時間がかかるかと思います」

「企画書を今まとめているところです。そのための関連資料を集めるのに時間がかかるかと思います」

上二つは内容は一緒です。
でも印象が違います。

僕自身も「でも」は使いませんが、「ただ」は使ってしまいます。
逆接の「でも」を使わないように意識していたのに、それを「ただ」で代用している。

いけませんね。

もっとちゃんと本の内容を自分の中に落とし込めるように精進していきたいと思います。
そうした気付きが多い本書はかなりオススメです。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/895-320699f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。