プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.022 ONE PIECE 【60】
ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎

集英社 2010-11-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.11.06(sat)
最新刊が4日に発売されていたので購入しましたー。
ルフィの回想シーン途中から始まる今回は、泣けるポイントが随所に。

という訳で、個人的に泣けたベスト3を発表したいと思います。


先ずは第三位。

エースとロジャーの繋がり。

これは、父親を嫌っていたエースではあったけど、
「仲間を逃すために自分は逃げない」という性格はしっかりと受け継がれていたこと。

ダダンに「なぜ逃げなかった」と問われたときも、

「ルフィがいた」

と無意識に仲間を守ろうと働いた感情が父親と一緒というのは、
なんだか血は争えないなと微笑ましさに似た涙です。


第二位。

サボ。

サボは3箇所くらい父性本能が働きます。

ゴミ山が燃やされたときに、ドラゴンへ訴えかけた言葉・・・
旅立つ矢先に天竜人からの砲撃

そして手紙。



第一位。

ルフィを想うダダン。


正直、2位以下はなかなか選ぶのが難しかったんですけど、
ダダンに関しては圧倒的一位。


ガープがフーシャ村にやってきたときのやりとりが本当に泣けます。

マキノとのやりとりは本当に泣ける。。。

「一番辛いのはルフィの奴」



マキノもダダンもルフィ・エースと血のつながりなんてありません。(現段階で)

でもこれだけ二人を想い涙し、心配してくれる家族以上の関係です。
その温かさにもうボロボロです。



非常に見どころのある最新刊でした。



にしても終わり方がかなり中途半端な感じが僕はしました。

てっきり第一章で終わるもんだと思っていました。
でも確かにあれ以上詰めたら大変なことになってしまいますもんね。

なので61巻がきっと今週号までの部分で切れるんだと思います!!



そういえば、先週友人にワンピースを数巻貸したら、

「バッグの中に大冒険が詰まっている」とお洒落なことを言っていました。笑。

この表現は個人的に好きなので今後使わせていただこうと思います!

スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/891-942d6b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワンピース ONE PIECE 2巻 (ジャンプ・コミックス)

ルフィー、ロロノア・ゾロ 漫画情報サイト【2010/11/09 11:34】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。