プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アイデアを出すということ
2010.10.14(thu)
今日は帰りにとある同期と出会い途中まで一緒に帰りました。

その帰路の途中、彼女が他の同期と5人で旅行に行った話を聞き、
そこでは「会社をどうしたいか」「会社でどんなことをすればいいのか」などの真面目な話をしたそう。

それ自体はすごくいいと思います。


が。


話を聞く限り全くもってブレーンストーミングになっていない。


とにかく、否定

折角のアイデアに対しても「それ誰が買うの?」と否定的なコメントしかしない。
結局一緒に帰った彼女もフルボッコにされたためにその後のアイデアは控えたそう。

それで本当にいいアイデアが出ると思っているのでしょうか。。。

正直、同期としてどうかとちょっと思ってしまいます。



3か月前に社長が将来のビジョンを語りました。

そのビジョンに対しても「具体性がない」「何が言いたいのかわからない」とか批判ばかりしていたそうで、
彼らは基本的に批判精神が強いようです。


そもそもビジョンに具体性を求めるのも違うと僕は思いますし、
少なくとも僕は社長の言わんとしていることはわかりました。

もしかしたら内容が理系的だったので、彼らがわからなかったのではないでしょうか;;



なんか話を聞いててがっかりしてしまいました。

前々からこのブログでも同期が批判しかせずアイデアを出さないと憂いていましたが、
いまだに何も変わらないんだなぁといった感じ。



ホント、批判することは簡単だと思います。

その批判の解決策を考える方がよっぽど難しく、でも何倍も楽しいです。


あるアイデアがあったら、

「なんで?」「なぜ?」をぶつけるのはそのアイデア自身が洗練されて評価される段階でいいんです。

最初は「なんで?」「なぜ?」が出たら、
それを「どうクリアするのか」を考えることが大事であり、ブレーンストーミングです。


そうやって批判することで考えた気になっているのははっきり言って間違ってると思います。
・・・かなり強く断言していますが、やはりそう思います。

同期にはもう少し成長してもらいたいなと偉そうに考えてしまいます。。

スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/873-7b5ffda4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。