プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワンピース次週予想【600話】
ONE PIECE ワンピース 【コミックセット】 ワンピース one piece ロゴ logoONE PIECE ワンピース 【コミックセット】
尾田 栄一郎

集英社
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.10.10(sun)
次の月曜が休みということを失念しておりました;;
まさかこんなに早くに続きが読めるとはですね。

ではではワンピースの予想という名の感想を始めたいと思いまする。


1.ハンコックの可愛さ

前回から少しだけ時間が戻り、
場面は九蛇の船から離れるルフィと見送るハンコックwith九蛇海賊団。

そこでハンコックは盲目なまでに尽くしきる。

前回ルフィが羽織っていたフードつきマントはハンコックのものだったんですねー。
確かインペルダウンに入るときも着ていました。

そしてルフィのセリフでことごとくプロポーズと受けるのも可愛いです。笑。


結婚はいやだとルフィは言うけど、
どんな結婚観を持っているのか一ファンとして気になるところです



2.懸賞金4億?

さて、場面は戻り偽ルフィとルフィとのいざこざです。
前回、ルフィのリュックにぶつかり転んだ偽ルフィはぎゃーぎゃーと騒いでいる。

そしてこう言いました。

「懸賞金【4億】のエリート海賊のこのおれがだよ!」


4億は少なくないか?

それが僕の正直な感想。

海軍の監獄インペルダウンを打ち破り、
頂上決戦に乗り込んだ上に世界最悪の犯罪者ドラゴンの息子という事実が判明した。

その前には司法の島エニエス・ロビーを半壊せしめ、
世界政府直下の諜報機関サイファーポールの暗躍部隊CP9を打ち取った海賊がルフィです。


ルフィは政府と敵対するつもりがなくても、
政府の主要機関を突破してきました。

ある意味、ルフィは海賊の中でも政府にとってはかなりの敵であるハズ。


確かにドフラミンゴやくまの懸賞金を考えると高額な気もしますが、
今まで政府機関に対して行ってきたことを考えると少々安いような気がしますねぇ。




3.見事な覇気

偽ルフィの元を離れようするときに発砲されるも、
すれすれで避けそして、レイリーによって鍛え上げられた新生ルフィの覇気

偽ルフィ一行を瞬殺。


いやぁ、しっかりとマスターしていますねぇ



4.テカテカの久々サニー号と坊主なフランキーとロビン

レイリーによってコーディングされているサニー号。
いよいよ魚人島に向け、冒険の準備が完了しつつあります。

そしてここでフランキーお目見え。

先週のジャンプでは坊主ですげぇ体になっていましたが、すげぇ体になってました。笑。


なのに「変わらないわね、フランキー」と微笑むロビン。笑。

「変わっただろ!」と憤るフランキーに対し、


「そうね、もう人として接することはできなそう

ロビンのこの適切なんだけどどこか意味深で天然チックな発言大好きです。笑。


さらに気になるのは、
フランキーの言っている「新兵器」です。

恐らくサニー号に取りつけたと推測されますが、一体何を施したのか気になります。


にしてもこのロボフランキー。

個人的には是非キッドと戦って欲しい。

キッドの腕となってそう。


5.もう戻らないブルック

フランキーはそう言っていたけど、これはきっと戻ってきそうですね。
シャボンディ諸島を最終公演にするブルックですから。

ただブルックに関しては、この2年でどう強くなったのかです。笑。

音楽では確かに頂点に立つぐらいの勢いで成長しましたが、
これを海賊という戦いの舞台に持ちこむとどうなるのか。

今後が楽しみです。



6.偽ルフィに未だ勘違いしているチョッパー

チョッパーも可愛いですよねー笑。
ここまで気付かないって、逆に今まで何を見てきたんだって!



7.偽ルフィ海賊団に迫る海軍と戦桃丸

チョッパーがいたことで偽ルフィ海賊団を本物と認識した海賊団。
その報告を受け、戦桃丸が動きだす・・!!!!

戦桃丸が思いの外恰好良くなっていてびっくり!

ジャケットを見る限り、昇格したような雰囲気を感じます。
パシフィスタ2台を持って麦わらの一味を捕えにいく。笑。


しかし、ここでバーソロミューくまについての言葉がひっかりました。

「人格を失った後も続いたクマ公の奇行」

これは後の物語に大きく影響するものと僕は考えています。
クマが復活する日。

いつかの未来できっと実現すると思います。



8.片目のゾロ登場

巨大なガレオン船をぶった切っての登場。
クリーク海賊団のガレオン船をぶった切った鷹の目ミホークを彷彿とさせます。

さすが師弟といったところでしょうか。

あのミホークに従事したということは、
どれだけ強くなったのか、これもまた楽しみで仕方がありませんね!!

そして服も黒で恰好良くなっちゃって!!



こうして9人全てが集結しました。

そして600話の予想。


600話という記念すべき話を尾田さんが意識しないハズがありません!!!!!

という訳でいよいよ全員が同じコマに集まるでしょう。



ただ、どんな展開でそうなるかですよね。

キーワードとしては、戦桃丸率いる海軍と偽ルフィの一味。

ルフィは一度レイリーに会いに行くと思う。

いくつか展開として考えられるんですけど、こんなのはどうでしょうか。


レイリーと会話してたら麦わらの一味が海軍に捕まったと耳に入った。
相手は戦桃丸とあのパシフィスタ。

驚くルフィはすぐさま現場に向かう。

そして戦桃丸と向き合う。


そして他の麦わらの一味もその場へと駆けつけた。

感動の再会は後で、という具合に今目の前にいる戦桃丸たちから逃れることを考える。


「あいつらが本物だ!」と叫ぶ戦桃丸。

その言葉に、海軍に捕まりながら驚きの表情を隠せない偽ルフィ一向。



戦闘に入るが、前回との違いをここでしっかりと見せつけ、その場を後にする。


追うに追えなくなる戦桃丸と海軍一向をよそに、
サニー号へと乗り込み、一同が2年の時を経て再開の喜びと、
2年間の成長に自信を持って笑顔で言葉を交わす。

いざゆかん、魚人島へ。

そんな妄想を広げ次週を待ちます
スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/870-fb5afa44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。