プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



土浦全国花火競技大会 2010
2010.10.03(sun)
昨日は土浦花火大会に参戦して参りましたー。
そのときの所感などなどを記載し、
来年、再来年と行く方々のちょっとした助けになればと思います!!

ではでは。
ポイントを説明していくことにします。


僕が参戦したのは2010年開催の第79回。
花火開始は18:00。


そこで僕は2時間前に到着するように時間を設定し、
14:00頃新宿を出発致しました。

で、日暮里で常磐線の快速乗換え。


1.日暮里ではなく上野からにすればよかった

すでに席は埋まっており、土浦まで立っていくことに。
それもぎゅうぎゅうの満員電車で。

2時間前でもこの混み様。

だてに80万人が集まるだけあります。



押しあい圧し合いの中で土浦駅にようやく到着。


2.電車は後ろで

階段の位置が駅後方なので、後ろに載った方がすぐに階段エレベーターに辿り着けます。


3.階段よりもエレベータ

階段の流れよりもエレベータの方が断然速いですね。



4.西口のシャトルバス乗り場へ

駅から会場まで徒歩で60分ぐらい。
なのでシャトルバスを使った方がいいです。

で、改札を降りたらすぐに最後尾があります。(多分)

ちなみにこの時点で列は2kmぐらいはあったんではないでしょうか。

しかしながら臨時バスの量も半端ではないのでおよそ30~40分ぐらいで乗れました。
長そうに見えますが、基本ゆっくりと歩いていれるのでそこまで苦痛にはならないと思います。


5.バスを降りたら右左を間違えないこと

シャトルバスを橋の上で降ります。
降りて向かって左がチケットを購入した人、右がチケットを持っていない人コーナーです。

もちろん僕はチケットを持っていないので(1万9000円とからしいですね;)右へ。

ここを間違えると、橋は結構な長さがありますので、
大きなタイムロスになることが考えられます。


はい、僕は間違えそうになった人間です。



6.2時間前でも出遅れた

というか、会場に着けたのが1時間前。。
もう少しゆとりを持ってくるべきでしたね。。

しかし本当に運がいいことに取った場所の前の方々が何故かどいてくれたので、
しっかりとポジションをキープ。

では場所を取った後についてのポイント。


7.トイレは事前、もしくは駅で

駅も人でごった返しているとは思いますが、
会場に設置された簡易トイレも半端じゃありません。

しかも極めて非効率。

先ず男女共同なので男女で1列に並びます。
そしてトイレは15個設置されていたんですけど、
どれが空いているのかほとんど認識できないでいる。

となると、出てきた人のところに行くのが確実ですから、
多くの方がそうしてしまう。

そうすると、空いているかもしれないトイレが存在しているんですよね・・・。


なので僕はトイレに40分かかりました。

これは考えた方がいいかと思います。



8.非常に寒い

さぁ花火が始まりました。
18:00から20:30まであるのですが、

なんといっても寒い。

今年は記録的な猛暑だった上に、
昼間の東京はちょっと暑いくらいでした。

でも土浦の夜は極めて寒いです

セーターを羽織っていったけど、それでも甘かった。
ジャケットを羽織りマフラーを持っていきつつ、膝かけもあるといいと思います。

寒さ対策は万全にした方がいいですね。


9.帰りも考えた方が良い

もちろん80万人が帰る訳ですからごった返すんですよね・・・・
シャトルバスも何度も繰り返し送り迎えしているけど、それでもさばき切れていませんでした。

じゃぁ早めに切り上げるのが得策か、と思われるかもしれませんが、
それも多勢に無勢。

さすがに80万人もいると、
早めに切り上げようという考えを持つ人が10万人ぐらいはいたかと思います。

もちろん早めに越したことはないかと思いますが、
それでもある程度は覚悟しておいた方がいいかと思います。



10.駅に向かうのであれば西口へ

会場から徒歩で帰るという選択肢があり、僕はそれを選びました。
徒歩60分ぐらい。

道は確かに多くの人がいましたが、
それでも全然進まないということはなく徒歩の方が楽に進めた気がします。

でもここで一つ問題点。

当然のように駅がごった返しています。
会場から案内図に従って駅に向かうと東口へ出ます。

でも駅に着いても1時間以上改札を通れないという警察の方々が騒いでいます。

なので一度土手に出て、
土手沿いから線路を潜って西口に出ることをオススメします。


西口からなら行列は多少で済む。

東口も西口も同じ量で人を裁いていくので、
西口の方が圧倒的に人が少ないので恐らく早いと思いますね。



11.一番いいのは泊ること

僕もなんとか帰るには帰れましたが、
一番いいのは泊ってしまった方がいいでしょう。

しかしもちろんホテルというホテルは満室でした。

なのでこれは前準備をしっかりと行い、当日のホテルも確保するのがベストです。

来年行くとしたら、ちゃんとホテルを確保したいと心底思いました。






という訳で土浦花火大会でのポイントを列挙しました。

花火自体の感想はどうか。




最高。

僕は今まで見た花火の中で一番良かったかもしれません。
良かった点も列挙。


1.花火の発色が全然違う

土浦の空気が澄んでいるせいなのか、
それとも秋の気候のためなのかわかりませんが、

今まで見た花火の中でもとにかく発色が綺麗。


2.花火が近いので遠近感さえ掴める

今家電業界で話題の3次元が花火でも起きていました。
発色がキレイだから手前の火花と奥の火花とで色の違いが鮮明にわかるんです!!

僕は生れて初めて花火を円ではなく球で見ました。


3.視界の3分の2は花火

とにかく近い。
確保した席が素晴らしく良かったこともあると思いますが、
もう場合によっては花火が視界に収まりきらないほど打ち上げてくれます。

それはもう圧巻でした。

それを最初からやるからすごい。
最後のクライマックスだけではないんです。

いきなりクライマックス並の量をやってくれます。

それが2時間半の中で数回に渡りやってくれるんですから大満足です。


4.天候にも恵まれた

これは風です。
風が強くもなく弱くもなく吹くので、
煙がキレイに移動してくれて花火を邪魔しません。

逆に花火で生じた煙がそのままの形をして移動してくれるので、
それが逆に花火の明るさに照らされてキレイ!!!

毎年そうなのかはちょっとわかりませんが、今年の風は素晴らしかったかと思います。



人の量にはまいってしまいましたが、
それでもこの土浦花火大会は観た方がいいかと思います!!

オススメ。

え、写真?
ええ、もちろんカメラは持っていきましたよ?


充電がキれてたけどな!

これにはショックでした。。。
仕方がないので相方のカメラを借りてパシャリシャリ。

でも今はまだ共有していないのでブログに公開することができません・・・
写真が手に入ったらいつか公開したいですね。


追記。
横に座っていたおばちゃんが話しかけてくれてかなり仲良くなりました。笑。
おばちゃんは茨城から団体でやってきたそうですが、

花火を見てずっと感嘆の声を漏らしていました。
それくらい、誰が見ても素晴らしいものだったかと思います。

スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント

一瞬の美にすべてをかける
おそらく、初めての【土浦全国花火競技大会】参戦でしたか?感動ものだったでしょうね!到着がかなり遅いですが、今回は良い方に恵まれてほんとうに良かったですね(^_^) ただ、早めに到着してもビールやコーヒー等はホドホドがよろしいかと思います。夕方からの冷え込が東京と違うので、当然トイレも夏場より我慢できなくなります・・・

さて、この花火大会は内閣総理大臣賞!を争う日本の二大競技会なので、来年の新作発表も兼ねて花火師渾身の逸品が打ち上げられます。
で、普通の花火大会と違い一層カラフルで、尺玉も四重芯やさらには五重芯も見られます。秋田・大曲以上とも聞くスターマインは音楽とのコラボです。ラジオがあれば、打ち上げ作品も分かり音楽も楽しめます。茨城放送(1458kHz)で聞けます。

※競技会なので間が開くのがなんかなぁと思う方もおられますが・・・割りきって観てもらうしかありません。(私事ですが、東京勤務の時は江戸川や戸田板橋、足立の花火も見てきましたが、切れ間ないので、それはそれで楽しめました。)

参考:NHKプロフェッショナル“仕事の流儀”の2006年8月31日放送の記事を見てください。現在名人と言われる水戸の野村さんが出ています。
ここ数年秋田・大曲(おおまがり)と土浦で頂点に君臨してきました。今年は同じ茨城の強力なライバル、つくばの山崎さんに完全優勝(大曲と土浦の制覇)をとられてしまいました。来年巻き返しが見られるか・・・

トイレですが、(駅近くでもなく、花火会場近くでもないですが)街中にある亀城公園が案外穴場です。徒歩で帰るときに使えますね。

歩いて帰る時も、大通りの一本先に広い道(堤防から見て、高架道路のすぐ先)に(土浦葬祭場~土浦二高~土浦警察署~亀城公園~駅)があるので、帰りのときはそちらの方が歩きやすいです。堤防は禁物です。

風は、夜になると大概東から西の方へとながれています。で、風下の六号国道バイパス側は花火の残がいをもろに浴びます(^_^;) 帽子がないと頭はすすだらけです。

昼間の気温は東京とかわりませんが、夜間は相当に冷えますね。これで風が吹くと、東京の冬支度となります。少し大袈裟ではありますが。

気になった点。土浦駅のところ、「西口」ではなくて「東口」です。シャトルバス乗り場が東口です。悪しからず。
【2010/10/05 12:09】 URL | 四重芯変化菊 #- [ 編集]

to 四重芯変化菊さん
訪問&コメントありがとうございますi-228
そしてすごくお詳しいですね!!!
今年初参戦だった自分としては知らない情報やためになる情報が多くて助かりますi-189
来年以降の参考にしたいと思いますi-185

本当に寒いですよねi-229
マフラーは必須だと思いました。
その点だけは来年行く方々に向け、声を大にして申し上げたい!!!!

あ、駅逆でしたか。笑。
これは失礼致しましたi-201
訂正しておきますi-238
ご指摘ありがとうございますi-278
【2010/10/06 21:58】 URL | 管理人 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/864-f36866bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。