プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.126 週末起業サバイバル / 藤井孝一
週末起業サバイバル (ちくま新書 811)週末起業サバイバル (ちくま新書 811)
藤井 孝一

筑摩書房 2009-10
売り上げランキング : 112090
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.09.21(tue)
起業に興味津々の僕はこちらの【週末起業サバイバル】を手に取りました。

こちらは会社にいながらにして、
週末に経営を行い自社を運営していくというお話。

このご時世、会社から定年まで守られるという保証はもうありません。

そこで、自立して自分一人でもやっていけるよう力をつけるというのがこちらの本の趣旨です。


週末起業のメリットを示し、
会社に属しながら週末に成功している人の例を挟んで
ノウハウを少々、
最後にトラブル回避方法。

なかなか綺麗にまとまっていて読みやすかったです。



そしてやはり週末起業のメリットです。

会社に属していれば毎月決まった額のサラリーを受け取れる。
仮に起業が失敗したとしても、会社に属していない場合に比べて断然リスクが低い。

ある程度成功し、
本業より稼ぎが多くなったら、週末起業を専念するために退職というのもありっちゃあり。

会社側からすれば憤りを感じるかもしれませんが、
しかし定年までの保障をしてもらえないのですから、それくらいは認めるべきでしょう。



っても、週末にやりすぎて本業を疎かにするのは本末転倒でやってはいけませんが。

本業も今まで通り、
尚且つ週末に過ごしていた時間を有効利用してお金を稼ぐ。

それがこの週末起業というものです。



こちらは一読の価値ありだと思います。

これからの時代を考えると、自分で稼げる力はやはり必要ではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/855-3d0e22cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。