プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.125 事を成す孫正義の新30年ビジョン / 井上篤夫
事を成す 孫正義の新30年ビジョン事を成す 孫正義の新30年ビジョン
井上 篤夫

実業之日本社 2010-08-31
売り上げランキング : 581
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.09.19(sun)
こちらはソフトバンクの孫社長が執筆した本ではないのですが、
孫さんに関わった多くの方々のインタビューを通して、

孫正義という経営者の輪郭を浮き出させる面白いタイプの本。

小学校時代の恩師に始まり、
アメリカの大学でともにプロジェクトを遂行した教授、
はたまた現在パートナーシップを結んでいるアリババ社のジャック・マーなどなど。

総勢8名の方々から孫社長を語ってもらっています。


さらに孫社長の単独インタビューを3つ。

そして、後継者候補を育成するために設立したソフトバンクアカデミア。

その開校式をハイライトでまとめたものが記載されています。



先ず8名の方々の話を読むと、
小学生の頃から人に信頼され、リーダーシップを発揮されていたということ。

そして疑問に思ったことは萎縮することなく質問していたこと。

さらに、やはり子供ながらによく考えていたこと。


「塾とは」

と題し、自分が塾へ行かないことにした理由を論理的に述べている。

小学生の文ながらも筋道を立ててちゃんと書けていると思います。
ホント、当時から頭が良かったんだろうなって気がしますね。



またこのストーリーで僕が感じたのは、三上先生もしくは当時の教育の在り方の素晴らしさです。

上記の「塾とは」というのは、
どうやら三上先生の課題だったようです。


論理的な思考を身に付けさせるためにさまざまな取り組みをした。
問題点を書き出させ、自分たちの頭で考えるヒントを与えた。(P23)



このように小学生の頃から、論理的に考える訓練を受けていたのです。

これは現代の教育にも取り入れるべきだと僕は思います。
国語や算数の点数だけではなく、自分で考え自分なりの解答を模索する授業。

それは必ず将来役に立ちます。

是非とも多くの先生方はこうした取り組みをしていただきたいなと切に願います。



ソフトバンクアカデミア開校式の部分に話を移行させます。

開校式では「孫の二乗の兵法」というテーマで孫社長は教鞭を取りました。


「孫の二乗の兵法」とは、
中国の武将・孫武が生み出した兵法書「孫子」に孫社長が付け加えた漢字25文字によって、
兵法を語るというものです。

道 天 地 将 法
頂 情 略 七 闘
一 流 攻 守 群
知 信 仁 勇 厳
風 林 火 山 海


これら一文字ずつに孫社長の考えがしみついています。

興味がある方は是非、【事を成す】をお読みになって下さい。

ハードカバーですが、厚さのわりに文量はさほど多くないのですぐに読めてしまうと思います。
僕も2時間かからずに読めてしまいました。

なのでちょちょいと読んでみて下さい


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/853-a5dbbbb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。