プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.120 予測思考 - 市場を先読みする11のスキル - / 南原竜樹
予測思考 市場を先読みする11のスキル予測思考 市場を先読みする11のスキル
南原 竜樹

日本能率協会マネジメントセンター 2010-08-08
売り上げランキング : 17353
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.08.29(sat)
本屋さんにいくとこちらの【予測思考】が積まれていました。
シンプルでスタイリッシュな表紙に「市場を先読みする」という気になるキーワード。

さらにパラパラと中身を覗いてみると、
「Twitter・フォロワー50万人のひとつぶやきの価値はいくら?」

と問題形式になっている。
しかもその問題が興味深い!

そういった訳で即座に購入。
僕は昼休みに会社を抜け出して近くの本屋に行ってよく衝動買いしていますが、その典型例です。笑。


さて、こちらはタイトルの通り、11の例をクイズ形式で載せてあります。
その11の例を通して市場を読み解くための説明を行います。

文章量もそこまでなく1,2時間あれば読めるし、
内容もちゃんとわかりやすく書いてあるので気軽に読めるもの。

しかも11の例がまた面白いのでオススメです


ちなみに上のクイズ「Twitter・フォロワー50万人のひとつぶやきの価値はいくら?」
いくらだと思いますか?

このフォロワー50万人というのはホリエモンこと堀江貴文さんレベルのことです。
(ソフトバンクの孫社長は現在55万人)

先ずフォローについて説明すると、
Twitterは140文字で書く小さな日記のようなものです。
日記というと少し形式ばりますが、もっと「つぶやく」という緩いもの。

そして気になる人をフォローすることによって、その気になる人の「つぶやき」が見れます。

例えばホリエモンさんをフォローすれば、
ホリエモンさんの「つぶやき」を見ることができる。

彼が今どんなことに興味を持っていて、どんな感想をいだいているのかがわかる。

それが「フォローする」ということです。


このようにホリエモンさんに興味持ってフォローしている人が世界中に50万人いるということです。

ここで大切なことがあり、それを南原さんは述べています。

それは、テレビのように一方的な広告を流すものではなく、
興味がある人のつぶやきだからこそ価値があるということです。


テレビでCMを流すとなると極めて広告費が高い。
しかし、そのCM広告を能動的に受け取っている人がどれくらいいるでしょうか。

それに対し、フォロワーは自ら能動的にフォローし、そして興味を持って「つぶやき」を読みます。

ここにテレビCM以上の効果が期待されます。


さらに50万人という数字。
こちらは日本の人口1億人強を考えると少ないように見えますが、

どうやらテレビ東京の深夜枠の人数より多いそうです。

見ているかどうかわからない深夜のCMを購入するより、
ホリエモンさんに広告として「つぶやいて」もらった方が多くの人に届き、
そして効果も期待できるという訳です。


具体的な数値を述べると、1つぶやきで125万円の価値があると南原さんは結論付けます。

こちらの計算の仕方は本書をお読みになって下さい。
テレビCMの広告費から導き出すフェルミ推定は極めて面白い。

140文字に125万円の価値があると思うとすごいことですね。


こうした例が11個。

なかなか楽しめます!
また本書を通して感じたことは、数字は偉大だということです。

数字ほど可視化できて比較できるものはない。
説得力が違います。

「すごい効果が期待できます」

より

「125万円の効果が期待できます」

の方がやっぱり説得力があります。
プレゼンを行うためには数字を意識していきたいと僕は感じますね。


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/836-aa970ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。