プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.090 借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ

2010.08.16(mon)
ワンピース、というかジャンプがお休みなんですね・・
という訳で先週末に観た映画の一つ、【借りぐらしのアリエッティ】についてです!

ジブリの最新作です。

プロデューサーにはいつもの通り、鈴木敏夫さんが担当し、
今までジブリを支えてきた名監督の宮崎駿さんは企画を出しつつも脚本という立ち位置になる。

それは今後のジブリを支える監督を育てたいという思いからでしょう。

その中で鈴木敏夫さんが推薦したとされる、米林宏昌さん(通称・麻呂)が初監督として行いました。



正直僕は監督業についての深い知識もないので素人目ですが、
すごく良かったと思います

実は僕の周りでは【借りぐらしのアリエッティ】はあまり評判がよくなくて、
あまり期待値が高くなく観ていたんですけど、結構面白かったと思います。

小さいからこその視点により危険だったり楽しみもすごくよくできていて。

個人的に「流石だな」って思えたのは水の描写。
ポットでお茶を作りコップに注ぐシーンがちょこちょこあるんですけど、

そのお湯の出方が大きな球がボトリと落ちてくるような感じなんです。


多分人によっては違和感を感じると思うんですけど、
物理的には極めて正しいというか、そうなるだろうなという予測が立つんです。

水には表面張力という力が働いています。
この力を考慮した水の動き方を描いたことは流石と思いました。


あとはアリエッティ役の志田未来さんは、もうプロの声優かと思えるぐらいぴったり役にハマっていました。
キャラにぴったり。

今後もジブリのヒロイン役として登場するんじゃないかってぐらい。笑。

作品全体を通して良かった点は多かったと思います。



ただ田舎の話であり、尚且つ主人公が小人ときたもんだから、
スケール感は少し小さい気もしました。



以下内容にも触れるのでまだネタバレは観たくない方はここで止めて下さい。






ではでは。


敵役とされるのが家のお手伝いさんのハルさん。
ハルさんにとってみれば小人はゴキブリ程度に考えているので、悪役としては少し物足りなさがあります。

なので僕が監督だったら、
敵役を過大評価して、小人たちにとってものすごくハルさんを悪役にしちゃいます。

人間の感覚と小人たちの感覚の違いの差で少し笑いを取りつつ、
物語の終盤、アリエッティのお母さんがハルさんに捕まってしまうんですね。

ここで救出作戦が開始するんですけど、

ここをもっと尺を取って、小人の小ささを活かしたすばしっこさをガンガン演出します。
カメラアングルも少し目が回るぐらいに動かすつもりで。


そうしたらかなりアクション性も強まってもっと彩り豊かになったかもしれませんね



あと僕が特筆したかったのは、アリエッティのお父さん。


恰好良い。


ちょっと話を戻しまして、「借りぐらし」という言葉の由来に触れます。

「借りぐらし」というのは人間の世界のものを借りて生きて行くことです。
例えばティッシュや角砂糖なんてものは一つ二つなくなっていても人間は気付きません。

そうしたモノを借りることによって小人たちの生活は成り立ちます。


そこでお父さんの話。

お父さんはティッシュや角砂糖を取りに”借り”に出ます。

狩りではなく、借りです。笑。



その借る姿を映すシーンがあるんですけど、これがめちゃめちゃ恰好良い訳です

まさに職人芸。
恐らく多くの人がお父さんの堅気な恰好良さに惹かれるのではないでしょうか。


僕としてはお母さんが捕まってしまったとき、
お父さんに活躍してもらいたかったぐらいです。
ちなみにお母さんが捕まっている頃お父さんは引っ越し先を探しにいっておりました。

いやホントあいかわらずジブリは面白いです。
トイストーリー3を観た後だったので、少し飽きてしまうかなって思っていましたが、
全然飽きることなく魅入っていました

時間がありましたらご鑑賞下さいまし!
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/828-2ada525b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。