プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.088 TOY STORY 3
トイ・ストーリー3 [DVD]トイ・ストーリー3 [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-01
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.08.15(sun)
昨日はテレビも含めて映画を三本鑑賞しました!

「トイストーリー3」「借りぐらしのアリエッティ」そして「ナショナルトレジャー2」

一日に映画館で2本見るなんてと言われるかもしれませんが、
時間とお金を考えたときに僕はそうした行動も辞しません。

多くの人が日々の生活の中で時間を捻出することに苦労されていると思います。
その中できっと「時間がないから」と諦めてしまったこともあると思うんですけど、
(特に映画とかの娯楽は優先順位低いと思いますし)

僕はその辺りワガママなんですよ。笑。

見ると決めたら絶対に見ます。

そのために一日2本見る必要があるならばためらうことなく見ます。

来週にしたらまた映画館に行く時間が捻出できないかもしれない、
来週にしたら終わってしまうかもしれない。

そうした不安要素を感じるのは個人的にはあまり好ましくありません。
(DVDでいいやと諦めてしまえばそこで話は終わりますが、諦めません)


また14日はTOHOシネマズが割引している日で、1000円で見れます。
(トイストーリー3は3Dということもあってか1300円でした)

ならばこの安いタイミングで二本見るという結論も出てくる訳です。



・・・と、二本見ることに抵抗感を示されることがいるという話を聴いたので、
ちょっと自分の考えを述べてみました


さてさて、映画の話です。

僕はトイストーリー3を鑑賞するために、トイストーリーとトイストーリー2もDVDで予習しました。

続編物は前作を予習するのも僕の中のポリシーです。笑。


そうして万全の態勢の中臨みました。
しかし1と2を観た感想としては「悪くないな」ってぐらい。

むしろ最新のCGが見れることに重きを置いていた節がありました。


ところが。




ここまで涙ぐむとは。

もうCGもさることながら、涙で3Dメガネが曇る勢い。
詳細は以下の「もっと読む」で述べたいと思いますが、とにかく感動しました。

随所に笑いがあり、パロディがあり、そして感動がある。

興味がない方は是非騙されたと思って観て欲しいです。
モノに対する価値観も変わるかもしれませんよ?

あとやはり玩具の話なので、
小さい頃遊んでいたオモチャどうしたっけなって懐かしい思い出に浸れます。

そしてそれが意外と盛り上がります。笑。


映画を観るのは倦怠期のカップルだという声も伺いましたが、
・映画で笑い感動する
・鑑賞後に子供時代の話で盛り上がる
・モノを大事にする心が芽生える

といった特典がもれなくついてくることを考えると、
倦怠期と侮ることはできないと思います

是非ともご覧くださいな
僕は将来DVDで買うぐらい好きです。
オススメ致します!!

物語の細かい話は以下の追記でお楽しみ下さい

はい、と言う訳で観ていない人のために詳細はこちらに記載したいと思います!

とにかく僕が一番に感動したのはやはりラストです。

1と2で子供だったアンディも大学生となり、おもちゃで遊ぶことがなくなりました。
そして大学進学のために引っ越すことになりおもちゃを近所の子供にあげることにするんです。

そのあげるシーンが涙!!

例えるなら卒業式を迎えた3年B組!!!!


アンディがおもちゃ一つ一つの特徴を言って少女に渡していくんです。

それがもう、おもちゃに対する愛情に満ちていて泣ける・・・

たまりません。
アンディとおもちゃたちのさようなら。

でも寂しいけど悲しさはありません。
本当にオモチャにとってもベストな結末だったと思います。



面白かった点としては、
やはりバービーの恋人、ケンでしょう。笑。


あのMさはやばい。

僕はバービー人形で遊んだ経験がないので詳しくはわからないんですけど、
ケンの立ち位置ってそういうことなの?と新しい発見でした。

映画館の席から立ち去るとき、別の人も「ケンやばい。笑」と笑ってしました。笑。

是非ともケンにご注目下さい!!!


それからバズ。

物語の途中で初期化されてしまい、記憶がなくなるどころか・・・スペインモードになってしまいます。笑。

これもまた非常にユニークで面白い!!


ちょっとこれ以上語るとかなり長くなってしまいそうなのでここで止めます。笑。
でも本当に楽しめるいい作品でした
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/827-8ca2ccdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。