プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.109 クラウド誕生 セールスフォースドットコム物語 / マーク・ベニオフ
クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―
マーク・ベニオフ カーリー・アドラー 齊藤 英孝

ダイヤモンド社 2010-05-21
売り上げランキング : 12645
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.06.29(tue)
職業柄、僕はクラウドに興味があります。
いや、仕事上やらざるを得ないと言った方が正しいかもしれません;;

そこで僕はクラウド関係の本を10冊読もうと考えました。

どんな分野も10冊読めばだいたいわかる、という言葉をどこかで読んだ気がしたので。
そこで本屋に行ってみたら、この【クラウド誕生】とあるじゃない。




でもね、全然クラウドの話じゃありませんでした。笑。


パラ見した時に僕はうっすら気付いていました。

きっとこれはクラウドコンピューティングを説明する本ではないと。


でも仕方がない。


起業や会社経営の方がもっと興味あるんだもん。


そうです、こちらの本はクラウド・コンピューティングの第一人者マーク・ベニオフ氏が設立した、
セルフォース・ドットコムという会社の成り立ちを示したもの。

クラウドが出てくるとすれば、セルフォース・ドットコムの製品ぐらいですね。笑。


でも読んで良かった。
会社を興すための111のアドバイスとともに会社の成長を観ることができました。

また会社がどう利益を出すかについても非常にためになる。
是非とも夢で会社を興そうと考えている人たちに読んでいただきたい。

夢だけではモノは売れないとベニオフ氏は言っています。



モノを売るには2つのストーリーがあり、
一つは「利便性」、もう一つは「ビジョンと利便性」

どちらもクライアントの立場に立って利便性がなければいけない。
それはつまり、自分らの夢だけでモノは売れないということ。

これは是非とも同期で会社を興そうとしている人に言いたい;


その子は「夢が感動を与えて商談を成立させる」と豪語し、
「モノを売るためには営業力」と野心を燃やしています。

もちろん夢を描くのも素敵だしクライアントと共有するのもいいと思います。
営業力も必要かどうかと言われれば、やっぱり必要だと思います。


しかし、利益なき夢は無益であり、
営業が全ての考え方はちょっと古いと僕は感じますね。


ベニオフ氏も

モノを売る最も効率的な方法は、営業マンが売り込むことではなく、口コミ(P97)

と断言しています。
僕もそう思います。

もはや情報が溢れ返っているこの世の中、
営業マンが持っているぐらいの情報は集められる可能性が高い。

そしてこれだけ営業が蔓延していれば、営業に対し不信感を抱いている人も少なからずいる。

じゃぁ何をクライアントが信じるかといえば、
友達や家族といった身近なネットワークや、実際に使ったことのある証言者です。

僕自身もやはり口コミはチェックします。

その口コミによる無意識のイメージ化はかなり購買意欲を左右する。
口コミの力はマーケティングでも活かすべき要素であり、
前に読んだ【モバイルマーケティング】という本の中でもその応用例が描かれていました。


そのようにしてベニオフ氏は、今の世の中でいかに会社を大きくしたかを語ってくれます。

そうした中でいくつもの名言。


「(クライアントが商品を購入するのは)安いかどうかよりも価値があるかどうか」(P168)

これは安易に値段を下げないということを訴えていました。
価値があればクライアントは購入してくれる。

こちらはアップル社のスティーブ・ジョブズ氏も言っていたと思います。
iTunesで楽曲で課金というビジネスモデル。

当時無料が蔓延していた中で絶対に失敗すると言われていたが、
結果はご存知の通り音楽の分野で勝者となった。


この発想に日本のメーカーの未来があるんじゃないかと、ぼんやりと考える。

中国や韓国の安い商品と対抗して値を下げるのではなく、
日本ならではの、日本でしか生み出せない価値を生み出していく。

難しいとは思いますが、真っ向から値引き競争に立ち向かうのは危険な気がします。


「機能を売るのではなく、モデルと顧客の成功を売りにした」(P148)

この言葉も個人的には好きです。
セールスフォース・ドットコム社の製品って機能も優れていると思います。

なんてったって開発者はオラクルの社員。
一流の開発者が作りだしているんです。

しかしそれ以上に大切なのは顧客の成功であるとベニオフ氏は言います。

僕もその通りだと思う。
やはりクライアントにとって効率が上がったり、利益が生み出せなければモノは売れない。

顧客志向は企業として、あるべき姿だと思います



起業に関しても非常に興味深く読めました!
良ければ是非
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント

Re
セフィロスも誕生
【2010/07/03 02:31】 URL | ヤマダ #- [ 編集]

to ヤマダさん
その発想はありませんでした。笑。
【2010/07/03 21:30】 URL | 管理人 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/793-c85b881a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。