プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワンピース次週予想【585話】
ONE PIECE ワンピース 【コミックセット】 ワンピース one piece ロゴ logoONE PIECE ワンピース 【コミックセット】
尾田 栄一郎

集英社
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.05.17(mon)
こないだは次回の予想というよりこの先の展開についての予想をしました。
ちょっと今回の回想に関してはその方向でいきたいと思います

一先ず今週のワンピースについて気になる点を簡単に触れていきますー。


1.ルフィの我慢

ポルシェーミにボコボコにされながらもエースとサボについて口を割らなかったルフィ。
殴られ血を垂らし、涙も流しながらも必死に耐えた。

それは身寄りのない自分の唯一の救いがエースだったから

家族もいない、山賊とは慣れ合いたくない。
そうするとルフィにとってはエースだけが頼りだった。。。


そんなルフィを救い出したエースは、そこで初めて心を揺り動かされる。

「お前はオレに生きてて欲しいのか?」


ゴール・D・ロジャーの息子というだけで世界から疎まれ続けた少年エースにとって、
誰かから必要とされることがどれだけありがたいことなのか。。。

たかだか10歳と7歳の子供たちだけど、
必死に生きている二人を見て、なんだか胸が痛みました。




2.三人

ブルージャム海賊団に狙われたエースとサボ。
そうするとサボはグレイターミナルで生活していくことが厳しくなったので、ダダンの家へ。笑。

それから三人は一緒に行動するようになる。

もちろん完全に溶け込めた訳ではないが、
徐々にエースとルフィの距離は近付いて行った。



3.思わぬ客人

そんな中でニュースが流れる。

それは、天竜人の来訪。





あの唯我独尊種族、天竜人がやってくるんですね。

ブルージャム海賊団が貴族にお金を収めている、というのは恐らく天竜人かもしれません。
となるとその金を盗んでしまった三人と天竜人との繋がりが自然とできてしまう。。


サボの死亡フラグが立ってしまったように個人的には思います。。。。



いくつかの関連情報を明記します。

先ずエースが残した言葉、「サボの件」。
それがなければ自分は生きる意味がなかった。

もしかしたらそれはサボを殺した天竜人への復讐だったんじゃないかと思いました。


またもう一つの推測。

エースがフーシャ村を出るときの船です。
非常に質素なものでした。

5年間も貯めに貯めていたお金にしてはあまりに質素すぎるのではないかという考えです。

それはつまりお金を天竜人に没収されたのではないでしょうか



ブルージャムのところへ天竜人は出向くも金を子供どもに奪われたことを知らされる。

激怒した天竜人はルフィたちを殺すために手を尽くし、
そしてサボは二人の身代わりになってその命を落としてしまう。

それが今回の回想のラストなのではないでしょうか。


ちょっとした妄想です

スポンサーサイト

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/760-2ef07f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。