プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.092 プロに学ぶ!人を見抜く技術 / 雑学活脳研究会
2009.01.06(wed)
ちょっとアマゾンさんで見つけられなかった本なので、
ジャケットは後ほど自分で撮ってアップしたいと思います;;

読んだのは【プロに学ぶ!人を見抜く技術】という本。

相も変わらず人事部配属という可能性がある以上、今できるだけ情報を集めている状況です。笑。

んでコンビニに行ったらあまりにも気になってしまい衝動買い。
・・大学近くのコンビニって何故かビジネス本が置いてあって気になるんですよねぇ。


さてさて、前回も桜井章一さんの【人を見抜く技術】という本を紹介しましたが、
参考:No.091 人を見抜く技術 / 桜井章一

こちらはちょっとだけ不完全燃焼でした。
というのも桜井さんの人生論がメインで、そこまで技術的な話はなかったからです。


ところが、今回紹介する【プロに学ぶ!人を見抜く技術】は、心理学の面からのアプローチ

「こういう行動は心理学の見地からすると、○○という意味」

と実践的で非常に面白かったです
もちろん心理学は数学と違って絶対的な解が存在していない以上、絶対正しいということではないのですが、
それでもこういう考え方見え方があると視野が増えるのは僕にとってプラスに思えます。

少なくとも、心理学に精通する人がいれば、
自分の行動が知らずうちに評価されている場合だってあると思います。

例えば会社の上司がこのような本を手にとって、

「ふむふむ、あいつは△△という行動をとってるからオレに悪意があるな、けしからん!」と、

思われるだけで評価はマイナスです。
仮に上司に苦手意識があったとしても、それを決して表に出さないのが利口。

その知らずうちに表に出てしまっているかもしれない部分をここで学ぶのはありだと思います


また人との繋がりが多いのが人生。

色々な場面で人と接しています。
そんな中で自分が嫌だなと思う人の癖ってあると思います。

例えば僕だったら貧乏揺すりや、無駄に「忙しい」をアピールすることなど。

・・・まぁ僕も「忙しい」というのは周りに感知されてて、まだまだ未熟ではあるんですが。。


ただそういった癖も心理学的見地から意見がもらえる。
そうすると、理系の僕としては論理的に考えられる分目障りにならなくなりました。笑。

他にも色々と隠されたコミュニケーションスキルが見れて、かなり面白かったです
580円と高くもないので、もしコンビニで見かけたら手にとってみて下さい
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/657-fa3ac18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。