プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.091 人を見抜く技術 / 桜井章一
人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)

講談社 2009-01-21
売り上げランキング : 9974
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009.12.29(tue)
ラストサクライについては明日で;
・・・明日こそは!!

今日は今年最後の本レビューとなります。

会社の意向により人事部という線が濃厚になっているので、この本のタイトルに惹かれて購入。
その名も【人を見抜く技術

桜井章一さんは麻雀で20年間無敗という方らしく、
その桜井さんの人間観察力について・・だと思っていた本です。笑。

確かに「貧乏揺すりや人の歩き方等々、
人の行動に対する持論も述べてはいますが、
読んでみてそれがこの本の主題には思えませんでした。

どちらかというと桜井章一さんの人生論や哲学を述べている印象を受けましたね。

なので一冊を通して人を見抜くためのスキルを述べている訳ではないので、
本のタイトルのみで購入を検討されている方はやめておいた方がいいかもしれません。

ただその桜井章一さんの考え方というのはなかなか面白いものがありました。

特に子供への教育に関してはかなり熱い考えを持っています。


現代社会に蔓延る負の遺産、
例えば受検戦争といった画一的なものに対する桜井さんなりの見解を示している。

また僕の中で「その通り」と感じた言葉として、



愚痴をいいたいのであれば、真剣にいうのではなく、
軽い相談のような形にするとか、ジョークっぽくしてしまえばいい
(P183)



これは僕自身そうしたいと思っている考え方で、
これができる人は恰好良いと自分では思っている。


僕にも嫌なこともあれば辛いこともある。
気が滅入っていることだってあります。

それを、話している相手が笑ってくれるネタにできたらどんなにいいだろう!!

自分のマイナスが誰かのプラスになることの喜び。
それを人はもっと知る必要があると思う。

ただ負のオーラをばらまいて自分のマイナスで誰かをマイナスにするよりも、
マイナスからプラスを生み出す方が生産的で意味のあることだと僕は考えています。

・・ってもこのブログは誰かに読んでもらってるということをほとんど意識していないので、
マイナスを生み出す記事も書いてしまったりしているんですけどね

良くない

来年の抱負として抱えようかな。
マイナスを生み出さないブログ運営と。

ありだな

本のタイトルと内容はずれてると僕は感じている(読みこなせていないため?)けど、
読み物としては結構面白いと思うのでもしよければどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/652-456416f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。