プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.088 モバイル・マーケティング / 恩蔵直人+及川直人+藤田明久
モバイル・マーケティングモバイル・マーケティング

日本経済新聞出版社 2008-01
売り上げランキング : 40362
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009.12.17(thu)
ちょっと前に読み終えた本の紹介。
モバイルに興味があるので手に取った【モバイル・マーケティング】

この本の中で何度も繰り返し唱えられている「24時間、30cm以内に存在するツール」という合言葉。

現在の状況ではパソコン以上にケータイの需要が注目されているという点を述べています。


もちろんパソコンの重要性を否定している訳ではなりません。
WEBと、同時にモバイルにも意識を向けた方がいいといったことを記述しています。


その例としていくつか企業が実際に行ったマーケティングを絡めて紹介しており、
例えばコンビニでお馴染みのローソンが行った「謎のローソン部」
整髪料のマンダムが行った「カミスマ選手権」

ヒガ・インダストリーズ・・というとわからないかもしれませんが、ドミノ・ピザですね。
そのドミノ・ピザが仕掛けた、
ジー・モードというモバイルゲームサイト内での「焼きたて!!ドミノ・ピザ」というゲームアプリ。

これらもモバイルという身近なツールを用いてマーケティングに効果をもたらしたキャンペーン群です。



将来的に企画にも興味がある僕としてはなかなか面白いアイデアが詰まっていて、
派生したり「こういうのはどうだろう」といったアイデアが生まれました

いつか社内の先輩方と話し合ってみたいと思います

さて、折角なので上で挙げた三つのマーケティングをちょろっと紹介。


1.謎のローソン部

これはローソンのモバイル会員に特化したシステムで、
会員のQ&Aを行ったりしました。

「サンドイッチ美味しくないですね」という一つのコメントに対して、
サンドイッチにいかに力を入れているのか、またそれを実現するためにどんな開発を行っているのかを説明。

そうすることでイメージが払拭できたそうです。

さらに発展させ、会員の方々からローソンのサンドイッチを美味しくするためのアイデアを出してもらおうというプロジェクトまで起こりました。

そこで謎のローソン部として会員を数千名募集し、
サンドイッチに対する意見をモバイルでこまめに集めそれを商品化しました。

同様にプリンも開発され、ローソンの売上に貢献したそうです。


このように、ユーザと企業を繋ぐツールとしてのモバイルは今後も重宝されそうです。



2.カミスマ選手権

マンダムはヘアワックスのキャンペーンをどのように行うのか考えました。
そこで企画されたのがカミスマ選手権です。

これはケータイで自分の髪型を写メールで送ってもらい、それらを投票してランキングをつけるというもの。

この企画の強みは、口コミによる広がり。

自分の髪型を写メで撮る場合、友達に頼む可能性があります。
また自分を投票してもらおうと友人に広めることも考えられます。

ケータイという持ち運べるツールだからこそ学校などで友人に伝えることができるため、
口コミによる広がりは想像以上のものだったそうです。



3.焼きたて!!ドミノ・ピザ

ゲームの中に自社のロゴを組み入れブランドを高める。
そうしたことを行ったのがドミノ・ピザです。

ゲームアプリを開発することでユーザにドミノ・ピザを認知してもらう。
さらにゲームをクリアすることで割引券といったものを発行することで利用率を高める。

こちらもモバイルを活用した好例だと思います。



このようにモバイルを活用することで広がるビジネスはとても興味深く面白いものでした
「24時間、30cm以内に存在するツール」だからこその可能性を活かす。

昼時にコーヒーの割引券をメールで配布するといったことも、モバイルだからこそできること。

こうしたことを踏まえて色々とアイデアを貯めていきたいと思います。
モバイルに興味がある人にオススメの一冊です。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/644-662b5e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。