プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.087 Googleが消える日 / 小山雄二
Googleが消える日―情報学序説Googleが消える日―情報学序説

カナリア書房 2008-04
売り上げランキング : 505485
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009.12.??(???)
これからのために情報系に関する情報を知りたくて借りてきました。
僕はモバイルサイトよりWEBサイトが今後強くなると思っています。

というのもモバイル端末でWEBサイトが見れるようになっているから。
これから通信速度があがっていき、今後はもっとその重要があがると考えている。

そこにこの「Googleが消える日」というタイトル。

現在インターネットの世界で大きく成功したGoogleが消える?
ちょっと気になって読んでみました。


・・・・取りあえず内容うんぬんより誤植をどうにかしてほしいですね;

これ編集者はチェックしてないように思います。
それくらい誤植が多くて結構げんなりしました。。


あと文章ですね。

これは一体誰を対象にしているのか。
申し訳ないけど、その点を見失っているように思えます。


むやみに漢字を使おうとしているような印象を受けました。
また、どこか小説チックな言い回しを用いたり;

例えば
”個人が自ら情報を評価する道を塞いだといわざるを得ない”とか、
”負の役回りを果たす破壊者”とか

もっと普通の表現でいいようなところを無駄に難しく言い表していたり・・
文章に威厳を持たせたいのかどうかわかりませんが、非常に読むのが疲れましたね


それでいて本の内容が頭に入ってこない・・。

残念です。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/636-497c95c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。