プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.071 ドラえもん のび太のドラビアンナイト
映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト [DVD]映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト [DVD]
藤子・F・不二雄

ポニーキャニオン 2002-11-20
売り上げランキング : 7941
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009.11.22(sun)
友人の薦めを受け、早速借りてきました
いやードラえもんは日本を代表するアニメだとつくづく思います。

というのも、この歳になっても楽しめるんだもの

未来の道具で何でもできるというのは本当に夢があります。
それだけで胸が高鳴ります


さてさてストーリーとしては、
ドラえもんの道具で絵本の世界に遊びにいくも、しずかちゃんが絵本の中に閉じ込められてしまいます。

助けにいきたいけど、
のび太のママによって絵本焼失

どうしようもないのび太は、公園で一眠り

そこでドラえもんが最後の可能性を見出すのです。


アラビアンナイトは実話も含まれており、
もしかしたら実世界と絵本の世界が繋がっているかもしれない、と

訳のわからないことを言い出したら、本当に繋がってたよ、というストーリー。


正直ツッコミどころ満載です。笑。
先ず、ママ 人の絵本勝手に燃やすな

せめて捨てるぐらいで止めといて。
どんだけ過激派なんだよっ!!


そしてのび太寝るな

しずかちゃんの生死がかかってるのに公園で寝る奴があるかい!!
未来の奥さんやぞ!!!!

ってかしずかちゃん何でアラビア語しゃべれるんだよ!!!!
のび太たちは「翻訳こんにゃく」を食べてるシーンがあったけど、
しずかちゃんは普通に敵役アブジルと会話しているという。

バイリンガルか!!

最後はドラえもん。
アニメの世界じゃなかったら正直病院行きですよ。
実世界と絵本の世界をごちゃ混ぜにしちゃいけません!!!

そして本当に繋がっているというストーリー。

・・・これ、子供にはわかんないんじゃないのかな
僕は理解がついていきませんでした;

それとも理解力が大人になってしまって柔軟性が失われてしまったのでしょうか。。


とまぁアニメにツッコミを入れるのはここまでにしといて。

ドラえもん映画のセオリーでもあるジャイアンの友情は今回も熱いですね。


「自分も疲れて大変だけど、のび太をほっておく訳にはいかない」
と背負い砂漠をひた歩き、

水を浴び元気になったのび太を見て、泣きながら「元気になったか」と声をかけ、
ようやく見つけたしずかちゃんとの再会には涙しながら駆け寄る。


熱い男だよ、ジャイアン。


セオリーと言えば、しずかちゃんの裸体もしっかりあります。
しかも今回はバストを完全に出してしまいました

今まで見たくても見れないモノがこうも露に出てしまい、正直動揺が隠せません。

これは子供たちにとって刺激が強すぎるんじゃないかとちょっと心配してしまいました。笑。
いやー昔は本当に規制が緩いんですねぇ。


全体的な感想としては、
折角用意したキャラや設定がもったいないな、という感じですね。

巨人が敵の手に渡ってドラえもん一向大ピンチ、というときにスモールライトで30秒で解決とか。
奪われた四次元ポケットも、敵が捨ててたので拾って取り戻したとか。

空飛ぶ神殿も飛んだからには何かに活かして欲しいとこ。

また映画終盤までドラえもんがポケットを持っていなかったということもあって、
そこまで道具による夢は見られなかったのも残念ですね。


と、大人になると変なトコに注目してしまってダメですね

まぁなんだかんだと言ってきたけど、普通にドラえもんは面白いです
またドラえもん映画観まーす
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/628-1e3adbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。