プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.082 世界一の「睡眠の専門医」が教える!4時間半熟睡法 / 遠藤拓郎
4時間半熟睡法4時間半熟睡法

フォレスト出版 2009-06-19
売り上げランキング : 492
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009.11.01(mon)
お待たせしました。(特に先輩。笑)

先月の終わりに読んだ本、【4時間半熟睡法

時間は誰しもに平等であるけど、極めて制限的なものです。
24時間を増やすことはできません。

だからこそ、いかに時間を効率よく使うかが求められます。

そんなときに睡眠時間の短縮を考える。
毎日8時間寝る人と6時間寝る人なら、後者の方が2時間自由が増える。

さらにそれが4.時間半になれば、自由な時間がもっと多くなる訳です。

しかしただ睡眠を削ればいい訳ではない。
寝る時間を最少にしつつ、毎日のパフォーマンスを最大にしなければ意味がない。

そうした知識を簡単にまとめたのが本書です。


本書では普段の生活でできる提案や知識が散りばめられています。

例えば夜9時以降は光を強く受けると睡眠によくないので、
間接照明にするなどなど。


また明確に1週間の睡眠時間の配分や、
何時に寝て何時に起きるべきかも提案してくれています。

ハーバード大学も注目している睡眠専門医の遠藤拓郎さんからの提案ですよ!!!!

提案はこうです。

平日:4時間半
土曜:7時間半
日曜:6時間

そして寝るべき時間帯は0時から6時の間です。
平日だったら1時から5時半がいいと。

何故この時間がいいのかも本書では説明してくれています。

人間の体内時計の説明や、ホルモンの分泌など、
そうしたことを加味しての説明はやはり説得力もあってなかなか面白かった


僕も本書の方法を活用して、
上手な睡眠を行い、自由な時間を増やしたいと思います。





スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/608-d2884fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。