プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



BRAHMAN 【ETERNAL RECURRENCE Tour】@新木場 Studio coast(2009/07/01)
2009.07.01(thu)
昨日のライブのことを書く前に一言。





幸楽さんから返事がない。

おいおい、あれだけ水曜日までに決断した方がいいとおっしゃられたじゃないさ。
だから断腸の思いでグループ異動を昨日メールしたんじゃないさ。

逆鱗に触れたか?触れてしまったのか?

嗚呼めんどい。

取り敢えずそっちはしばらく放置しよう・・・


さてと。

昨日はBRAHMANのツアーFINALに参戦してきました!!!!!
ホントに急遽だったのですが。

友人が一昨日の16:30ぐらいに電話をくれて一言。

「チケットが取れたらブラフのライブに行かないか」


そして友人が前日にも関わらず奮闘してくれたおかげで晴れてライブに参戦する形になったのです
グループ異動の件で胃が痛く不眠症になりつつある僕は気晴らしがてら参戦を快諾。

今回のツアーは【ETERNAL RECURRENCE】というアルバムをひっさげたもの。
ってもこのアルバム自体新曲ばかりって奴じゃなくて、
廃盤になった彼らのミニアルバムを含めた、昔の三枚をまとめたもの。

その中の一つである【A MAN OF THE WORLD】ってアルバムは、
高校生だった僕らの青春のようなものです。

・・・っても僕はアルバムは持っていてもそこまで聴き込んでた訳ではないが。。


そのアルバムをひっさげたようなツアーなので
ブラフ好きの友人としてはどうしても参戦したかったんじゃないかなと思います

んでライブ参戦が決まってからライブまでの時間が10時間を切っている状況で、
まずその友人から【ETERNAL RECURRENCE】をお借りし、必死に予習

高校時代に好きだった曲はすぐ思い出せたけど・・はっきり言って全然予習効果なし
僕の頭の中の消しゴムがよく働いてくれちゃいましたよ。。

なので参戦してみた感想だけを書きます。笑。



新木場にあるスタジオに行き、
坂東英治さんの発声に似たスタッフを通過して中へ。

ツアーTシャツを購入し荷物をロッカーへ押し込んだ。
一杯のドリンクを飲み上げ、いよいよスタジオの中へと進む。

意外に感じたのは女の子も割りといたことだった。
ブラフのライブはとんでもないモッシュだという話を聞かされてたので
イメージは男だらけだったんですけど、
普通に花びらのワンピースを身に纏った可愛らしい女の子もいらっしゃいました。

それが僕の最初の油断。

19:00開演だったが、19:20と遅れてのスタート。

一曲目からモッシュとダイブ。


すごいですブラフファン。
テンションがうなぎ登りとかじゃない、0から1へのビット立ちぐらいの揚がり方。

しかも僕はちょっと背が高いもんだから、

ダイブの足がかりにされまくる。

次々に僕の背中からダイバー達が・・!!!!!!

もうモミクチャにされるわ、顔はダイバーに蹴られるわで
久々に高校生に戻った気分でしたよ。笑。


曲自体は申し訳ないけどあんまりわからなかったんですけど、
【TONGFARR】やってくれてよかったなぁ

このツアーではやってなかったらしいんですけど、
本日はファイナルってこともあって演奏してくれました!!!

好きな曲だし、数少ない僕の頭の中の消しゴムから免れた一曲ですから。

あとは【THERE'S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE】や【SEE OFF】、
【ANSWER FOR…】、【THAT'S ALL】等々は認識し心の底から楽しんでた


あとブラフのライブが独特なのは、MC一切なし

ガンガン曲を演り続け、まるでライブ一本が一曲のよう。
曲自体短いので全体として1時間ぐらいなんですけど、みっちりノンストップで濃密なライブでした


ただ一つ残念に思えたのはアンコール。

めちゃめちゃまばら。

確かにライブで疲れてしまうのはわかるけど、あれは皆でやった方がいいんじゃないかなぁ。
ステージにかなり近いトコら辺でしゃがみこんで話してる人もいれば、
我関せずとアンコールをしている人を傍観してる人とか。

まぁそれが普通って言われたら仕方ないけどね。
アンコールも一体となった方が俺は楽しいと思います


んでアンコ。
後から友達から曲名を教えてもらった【ARTMAN】、これめちゃいい!!
トシローさんとオーディエンスの掛け合いが素晴らしい!!!

最後に格好良い曲をやり、トシローさんがマイクを投げつけ終了。
ライブと通して歌以外に一文字たりとも声を出さなかったブラフマン。笑。

懐かしい感じとともに楽しい夜でした
そんなライブに連れてってくれた友人に感謝します
スポンサーサイト

テーマ:ライブ - ジャンル:音楽

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/515-86a416f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。