プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Mr.BIG NEXT TIME AROUND 2009 ツアー@横浜アリーナ(2009/6/21)
2009.06.21(sun)
はい、という訳で極めて忙しい時期のまっただ中に行ったライブのレポートをお届けします!!
今回行ったのはタイトルにある通り、あの伝説のロックバンド、MR.BIGです!!!!

2002年に解散したけど、それがなんと復活。

初期メンバーのギタリスト・ポールが脱退、
それからボーカル・エリックとベース・ビリーの不仲をキッカケに解散。。
それが今回はなんとデビュー当時のオリジナルメンバーとしての復活なんですよ!!!!


しかもメンツがすごい。

世界一綺麗に速弾きをするギタリスト、ポール・ギルバート。
世界一と称されるベーシスト、ビリー・シーン。

この二人だけでもMR.BIGというバンドがいかにすごいか・・


という訳で行ってきました!!!!!

会場は横浜アリーナ。
初めて行ったんですけど、あんまり広くないんですね。
今度からチケット取る時は横浜アリーナを取りたくなるくらいの箱でした

今回もステージの左側のDブロックだったんですけど、十分アーティストが見れたし

あと今年は20周年なんですね。笑。



さて、正直テンションが上がっていてあんまり覚えていないので、
記憶にあることを断片的に書いていきます。

先ずライブのオープニングでもある一曲目。



いきなりのドリル奏法×2

ドリルが置いてあるんですよ?笑。
そのドリルの先にピックをつけてギターとベースを超速で弾く。

歯ギターや歯ベース(?)も見れ、
普段見れないようなテクニック満載のスタートでした


んで僕はMR.BIGの中では【TAKE COVER】って曲がすごく好きなんです。
それを今回の2曲目で聞けた

この時点でテンションが上がっております。

あと今回のライブを通して思ったんだけど、
エリックマーティン可愛い。

なんかMR.BIGってクールで格好良いイメージがあったんですけど、
めちゃめちゃ楽しそうに踊ってました。笑。

なんか途中、片足で飛行機とかやってましたし


あんなにお茶目な人だったんですね!!!
これなら坂東栄治さんにサインをもらうのも頷ける。


途中、ドラムのパット・トーピーのソロが始まる。
ここで改めてパットの凄さを知る。

やはりポールギルバートやビリーシーンがいるとどうしてもそっちに脚光がいってしまうけど、
そんなメンツとバンドを組んでリズム刻んでるんだからパットだって相当のレベルなです。

超がつく程格好良かった

しかもリズムに合わせて、あのビートルズの【The Long And Winding Road】を歌ってくれて!!!
その辺のサービス精神も素晴らしい

またパット、彼も可愛い。笑。

多分ビリーとポールの背が高いから相対的に小さく見えてるだけかもしれないんですけどね。
愛らしいんですよ。笑。


さて何曲か演奏した後、4人全員でステージの前に出てきた。

あの4人がこうして並んでるのを見るだけでテンション上がるし、泣きそうになったよ。。
めちゃめちゃ楽しそうに笑ってるんだもの、4人。

そこでのエリックの言葉がもう忘れられない。




MR.BIG is BACK


これはファンならたまらないです。
オリジナルメンバーが笑いながら並び、そしてそう宣言。

どれだけここで感動したか。

その後そこで4人アコースティックギターを持って演奏。(ビリーはベース)
また僕の好きな曲【Goin' Where The Wind Blows】をやってくれた。


ここでもパットの可愛さが垣間見る。



ギター叩いてる。笑。

ギター弾けないのかな。笑。
そして演奏終わり間際にギターを振りかざして走りながらドラムの方へ退散。笑。

もう無邪気すぎて心が和みました
今回の個人的なMVPを挙げるなら僕はパットに送りたい。

でもその可愛さに対抗してか、次の曲【Take A Walk】で
エリック散歩しだす。

ダウンタウンのごっつええ感じのMR.BATERが斧を持たされて、
「どんどとっとと、どんどとっとと」

と歩くような感じで歩きだしたのです!!!(喩えが伝わると嬉しい。笑)


エリックが可愛さで抵抗した後は、今度はポールギルバートのソロです。
先ほどのパットのソロをパットタイムと名付けるとしたら、
今度はポールタイムでしょうか

ポールタイムではダブルネックのギターをここぞとばかりに演奏!!!
流石の超絶技巧!!!!!!!!

すると今度はビリーシーンが対抗してからダブルネックのベースを持ってきやがった。笑。

そして二人の超絶技巧争い
なんだよお前ら、仲良過ぎだろ!!!

ポールタイムの最後にはビリーがポールの手を高く掲げた。
泣いてしまうわ!!!!

それからまた数曲演奏した後、ビリーのソロ、ビリータイムの開演!!!!
バンドのライブで演奏者のソロタイムがあるってウケるよ。笑。

でもホント、ビリーのベースが内臓に響き渡る。
これが世界なんだと痛感しました


んでいよいよあの曲【Addicted To That Rush】登場!!!!!
ドラムの前でポールとビリーがイントロの超絶技巧を披露!!!!!!!

これを生きているうちに見れて良かった

サビはもちろん会場全体でシャウト!!!!
最高の形で幕を閉じた。

鳴りやまない拍手からアンコール。
そこでやったのがお馴染み【To Be With You】

スクリーンには今までのアルバムジャケットやメンバーの写真。
解散を経て、こうして再結成をした彼らだからこそまさに【To Be With You】なんだろうなぁ。

ここでもお涙頂戴でした

続くは【Colorado Bulldog】
しんみり終わらせることはなく、アゲ曲でアンコールも終了。
皆でブルドックブルドック叫べて楽しかったなぁ



アンコールは終わってもまだ拍手は鳴り止まない。
そこでアンコール2に突入!!!!!

ビリーシーンが笑いながら缶ビールを会場に向け乾杯
そしてドラムの音が会場を貫いた!!!

パットーーー!!!!!と思ったら違う!!!ポールだっ!!!!!

ギタリストのポールギルバートがドラミング
するとエリックマーティンがギターを担ぎ出した!!!!
さらにパットをベースを持つ


なんだ?なにが始まるんだ!?
そう思っていたらあのギターリフが会場に響き渡った。



DEEP PURPLEの【SMOKE ON THEWATER】

パートが違うだけでテンション上がってるのに、さらに曲がディープパープル!!!!!!
洋楽好きとしてはホントに鼻血が出そうでした。笑。

じゃぁ酒を飲んでるビリーは歌うのか?歌うのか!?




歌ったーーーっ!!!!!!

ステージの中央に立ちビリーが歌う
なんて楽しそうなんだ

曲の途中、今度はそのビリーがギターを譲り受けた!!!
そしてベース同様の超絶テクを披露

エリックは今度、パットからベースをもらいうけ、そして今度はパットが熱唱
普通に上手えぇ

ビリーもパットも様になり過ぎててビビりました


そしていよいよラストを飾るのは・・【Shy Boy】
盛り上がりに盛り上がって素晴らしい夜となりました


行く前は行ってる時間を嘆いていましたが、実際行って本当に良かった。
このチケットを取ってくれた友人に感謝したい

まぁライブ終わり次第すぐに研究室に戻り、
徹夜で作業したのは本気で疲れましたけど。笑。

でもそれでも朝4:00に結果を出せたので、全てはうまく終わりました
ちょっとしたネタですね、発表前日にライブに行くとか。笑。

またライブがあったら是非参加したいと思えた素晴らしいライブでした!!!!


セットリスト
Daddy, Brother, Lover, Little Boy
Take Cover
Green-Tinted Sixties Mind
Alive And Kickin'
Next Time Around
Hold Your Head Up
Just Take My Heart
Temperamental
It's For You (cover : Three Dog Night) ~ The Planets Op.32 : Mars (cover: Holst) (Billy, Paul, Pat)
Pat Torpey Solo (Inc: The Long And Winding Road (The Beatles))
Price You Gotta Pay
Stay Together
Wild World (Acoustic)
Goin' Where The Wind Blows (Acoustic)
Take A Walk (Acoustic ~ Electric)
Paul Gilbert Solo (Double Neck)
Paul & Billy Duo (Double Neck) ~ Full Band Human Capo
The Whole World's Gonna Know (Double Nack)
Promise Her The Moon
Rock & Roll Over
Billy Sheehan Solo
Addicted To That Rush

To Be With You
Colorado Bulldog

Paul Gilbert Drum Solo ~ Smoke On The Water (途中楽器を交代して)
30 Days In The Hole
I Love You Japan
Baba O'riley
Shy Boy
スポンサーサイト

テーマ:ライブ - ジャンル:音楽

 

この記事に対するコメント


Mr.BIG 聴いたことないですが、めっちゃ楽しそうなライブですね!
パフォーマンスが豪華だなぁww 
歯ギター、一度でいいから見てみたいです。
パート変えて演奏してくれるのって
ライブならではって感じで楽しいですよね!
ピロウズは・・・やってくれないだろうなぁ。笑

そして23日、お誕生日おめでとうございまーす!笑
【2009/06/24 14:33】 URL | Fujikawa #0M.lfYJ. [ 編集]

to Fujikawaさん
すごく楽しかったですよi-189
歯ギターとかなかなか見れないですもんね。笑。真鍋さんがやったらウケるけど。笑。
そうですね!パートが違うのってライブならではだと思いますi-228
ピロウズは確かにやらなさそう。笑。いや!!武道館で小さく期待しておきましょうi-234

そして誕生日コメントどうもありがとうございますi-189i-189
なんとか卒業して幸せな毎日をゲットしたいと思います。笑。
【2009/06/25 12:44】 URL | 管理人。 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/508-8d897f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。