プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Mr.Children "終末のコンフィデンスソング" TOUR
2009.05.11(mon)
という訳でようやくライブについて記載したいと思います!!

先ず行って来たライブです。

Mr.Children "終末のコンフィデンスソング" TOUR@長野ビックハット

2009年5月9日(土)です。
場所が長野で遠かったのですが、
前にも記載しました通り知人に車で送っていただきました

席もすごく良くて
アリーナの29列目、ステージのほぼど真ん中ってトコ!!!
前回の「IU」の時は二階席で、
桜井さんなんて米粒でした。。

音も時間差で届くぐらい;

でも今回はメンバーの顔もわりとしっかり見えました


ではこれから覚えている限り書いていこうと思う。
記憶を留めておくために。

ネタバレもありますのでこれからライブ行く人等、
ご注意下さい!!!

後編はこちら:臆病な白虎とライブ。【Mr.Children "終末のコンフィデンスソング" TOUR 2】

では前編は[READ MORE]からお楽しみ下さい!!!

セットリスト(だいたい合ってるハズ;)
01:終末のコンフィデンスソング
02:everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
03:光の射す方へ
04:水上バス
05:つよがり
06:ロックンロール
07:東京
08:口がすべって
09:ファスナー
10:フェイク
11:掌
12:声
13:車の中で隠れてキスしよう
14:HANABI
15:エソラ
16:youthful days
17:innocent world
18:風と星とメビウスの輪
19:GIFT

EN1:少年
EN2:花の匂い
EN3:優しい歌




01:終末のコンフィデンスソング

予想通りにこの曲が一番でした
今までのツアーではアルバム名がツアータイトルになっていたのに、
今回はこの曲名がタイトル。

にしてもライブの熱狂素晴らしい!!!!
イントロが始まった瞬間に会場はクライマックスでしたね。笑。

僕もテンション上がってました


そして歌詞の「Nowhere!?」は当然皆で叫ぶ。

アルバムの中で好きな方ではなかったんですけど、
かなり楽しめました!!!

軽く桜井さんがコメントで、
「このアルバムから好きになってくれた人、昔から好きでいてくれた人、
皆が楽しめる曲を用意しました。なので、最高の夜にしたいと思います!!」



前回も「最高の夜」というフレーズがあったので、
きっとこのフレーズ、桜井さん好きなんだろうなって無駄に食いつく自分。笑。



02:everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

最初はとにかく会場を盛り上げようとアゲ曲多し!!
これもイントロ出た瞬間にテンションあがりますよねー

サビ前の「世間知らずのお人好しさぁ~~ん」も皆で


03:光の射す方へ

「夏休みのある小学校に帰りたぁーい」はファルセットで。笑。
ライブの場合だと微妙なアレンジがすごくたまらなくいい!!!

こういうのをカラオケで再現したくなります。

サビも会場がうねるような感じ。
超楽しい!!!


04:水上バス

ここでしっとり系を挟んできた。
しっとりと歌いながらも優しく笑う桜井さんが印象的でした。


05:つよがり

きた。
まさかの【つよがり

僕は彼らの楽曲の中でも相当好き。
Mr.Childrenベストを作れと言われたらきっと入れるであろう一曲。

しかもこれもちょっとアレンジ!!!!
文章にするのが非常に難しいんだけど、
Cメロがいつもとボーカルラインが違ったし、
最後のサビも一部歌うというより語るような感じになっていた。・・・ような気がする。笑。

そして小林武史さんのキーボードで
CD音源とは違うアレンジイントロ&アウトロ。

歌い終わった後、桜井さん自身も「店長オススメのアレンジ一曲」と称賛するぐらいだった


ここでMC。

桜井さんは今とは違う人生を歩んでいたらもしかしたらもっと楽しかったんじゃないかと
思うときもあるそうです。

何を言ってるんすか!!と内心ツッコミつつ、
話を聞いてると、


「次の曲の主人公は、SEX、ドラッグ、酒そういったモノに憧れている」

何故かSEXの部分が非常に会場内に響いた。笑。

そういった憧れは自分じゃなく曲の主人公だと念を押しながら


「嘘、おれも」

とあっさり認めました
思ったんだけど、DVD撮影とか意識しない方がMCいい気がする!!!

前回のツアーではDVD撮影するって冒頭に述べていて、
MCも諸所に用意されたセリフのようなのもあったんですけど、

こういう撮影とかない方が素でできていいなって思いました


んで、こう続けたんです。

「でもうちのメンバーにはそういったことを地でやってる人がいる」

笑いながらそう言う桜井さんとメンバーの頭上にある大きなディスプレイに、


当然のようにJENが映し出された。

会場、爆笑

でもJENは菩薩のような雰囲気を醸し出しながら、
善光寺について述べ、「ありがたや、ありがたや」と合掌。

ホントJENはムードメーカーだなぁ

そして始まる次の曲。
今までの流れからなら当然と言える・・


06:ロックンロール

もうね、何が良いって・・


ずっとJENのターンなの。

Aメロ、Bメロ、デッカいディスプレイにはJEN。笑。

普通ディスプレイにはメンバーが色々出てくるじゃないですか。
でもこの曲に限っては、

JENがフェードインして、フェードアウトしても、
また別の角度からJENがフェードイン。

すみません、演奏中ずっと笑っていました。笑。

ただ最後ら辺の映像に個人的に感動。
ディスプレイに映し出されたのは、著名なギタリスト達

三大ギタリストであるジミー・ペイジやジェフ・ベック、エリック・クラプトン、
もちろんジミヘンことジミ・ヘンドリックスも!!!!

著作権の都合とかも頭をよぎったけど、
こういった演出にも感動してしまいました


07:東京

JENのターンが終わって次は名曲、【東京】。

これは映像がとても素晴らしかった
歌詞に合わせた映像でCメロの花が咲くシーンとか優しい気持ちになれます

ってか帰りの車内でも話していたんですけど、
このライブの映像をまとめたDVDとか発売しないですかね?

折角今年はミスターチルドレン20周年というアニバーサリーな年なんだし。

絶対売れると思います。



08:口がすべって

これも映像が社会風刺が効いてて好き。
最初は優しい雰囲気で曲は進むんだけど、
二番がそういった社会に対する歌詞が出てくるので、

そこでディスプレイには戦争の映像だったりが映し出される。
政治家が争う映像が出てくる。

んーこういうクリップ作る仕事面白そうだなぁ。


09:ファスナー

絶対ミスチル、ファスナー好きだろ!!!!!
アルバム曲でこれほどライブに登場するのは珍しいと思う。

かくいう私も・・・大好きですが何か?

これはメロディもさることながら、歌詞が秀逸すぎる。



ちょっと話が長くなったので次回に進みたいと思います!!!!!

後編はこちら:臆病な白虎とライブ。【Mr.Children "終末のコンフィデンスソング" TOUR 2】
スポンサーサイト

テーマ:Mr.Children - ジャンル:音楽

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/477-762f57f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。