プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



君のいない世界。
2009.03.17(tue)
久々の更新です。

・・・3月8日の朝、母から突然の電話があった。

愛犬のトニーが意識をなくして倒れてしまった、と。

パニックになり慌てふためく母を落ち着かせようと言葉をかけながら、
本当は自分自身を落ち着かせていた。

そのまま髪もボサボサのまま電車に駆け乗り実家へと急ぐ。
こういう時の待ち時間は死ぬほど長く感じてしまう。

実家には意識を戻したトニーがいた。
でも、どこかおかしくなってしまっていた。

ずっと家の中をあてもなく彷徨うように歩き続ける。

恐らく意識がなくなったときに、脳の神経がおかしくなってしまって、
アルツハイマーになってしまったんだと思う。


それからトニーの介護生活が始まる。

できるだけ抱っこをしてあげた。
トニーは抱っこが好きだったから、何時間でも抱っこして抱きしめた。

ご飯を食べなくなってしまって徐々に衰弱してきていたから、
抱っこしてなるべく体力を使わないように。


でもトニーの偉いのは、必ずトイレに行きたがること。


アルツハイマーにもなって、目もほとんど見えなくなり、耳も聞こえない。

それなのに絶対に俺のヒザの上でおしっこをしたり吐いたりしなかった。
意識は朦朧としているハズなのに、そこはちゃんと教えを守る。

本当にいい子。


日に日に衰弱し、吐く回数も増えてった。

そして吐く度に自分で立っていられなくなっていった。


見ているのが辛くなった。

ご飯を食べないから吐くのは胃液。
それがだんだんと鼻にも入ってしまい、鼻呼吸も苦しくなってしまった。

そして、もう抱き抱えたまま動かなくなった。

息も絶え絶え。
目にはもう力がない。

それでも吐きそうになる度になんとか体を起こそうと必死になるトニー。
その強い意志に僕は泣きたくなる。

もう頑張らなくていいよ、と涙を堪えながらトニーを抱きしめるけど、
それでもトニーは主人のひざを汚さまいと必死だった。


この一週間、本当にトニーは辛かったと思う。
未だかつてここまで吐いたこともなければ、ご飯を食べなかったこともない。

辛そうなトニーを見て、
なんとかしてあげたいのに何もしてあげられない自分が悔しくてもどかしかった。



でも。



トニーはその最期の一瞬で笑ってくれた。

瞑りかけた目をいつものように大きく見開いて。
舌をちょっと出しながら優しく微笑んでくれた。

声も出せなくなっていたのに、最期に「クン」と頷くように4回も声を聞かせてくれた。




そこでトニーは16年の幕を閉じた。

2009年3月13日 18:30

一週間の苦しみが嘘みたいに最後笑って、
そして眠るようにこの世界から旅立っていった。

母と姉、そして僕の三人に囲まれながら、
トニーは安らかに眠りについた。



僕は今24歳で、人生の3分の2はトニーと暮らしていた。

片親で、兄弟とも歳が離れていてので独りになる事が多かった僕のために
新しい家族としてきてくれたのがトニーだった。

一緒に遊んで、一緒に笑って。

散歩もよく行った。
トニーは小さい頃から僕と一緒にいたから、犬を怖がっていたな。

そして誰に似たのか知らないけど、
若い女性には飛びつくようになついていた。

可愛いのは、首輪を外しても僕から半径20m以上離れないの。
てくてくと先を進んでっても、必ず僕がついてきているのか確認するために振り替えるんだ。

家に帰れば飛びついて喜んでくれて。

イスに座っていると抱っこしろと催促してきて。

僕が落ち込んでいる時はそっと傍にきてくれて。


毎日トニーと一緒に寝ていたな。


本当に、たくさんの思い出がある。
それだけ僕の人生にトニーは欠かせない存在だった。

トニーに独りで留守番をさせないようにと友人や学校の予定を組みかえるくらい、
トニーを考えない日はなかった。


そんなトニーはもういない。

実家に帰っても、大切で大好きなトニーにはもう逢えない。


なんだか空しいんだ。

老衰だから、いつかは別れてしまうのはわかっていた。
それでも、トニーのいない世界はまだ現実感がない。


立ち直るには、まだ時間がかかりそうです。

ただ、後悔はしてない。
僕はやれることを16年間トニーにしてあげれたと思う。

だからこそ、トニーは最期笑ってくれたんじゃないかな。

だからきっと、そんなに時間はかからずに受け入れられると思うんだ。


そう信じて、
今は目の前のタスクを必死にこなしながらトニーのいない現実に慣れようと思います。

スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


ご冥福をぉ祈り申し上げます。

苦しいのに最後は笑顔を見せるなんてホントいい子で優しい子ですね
【2009/03/17 16:22】 URL | タマ♪ #- [ 編集]


もうねぇ、気になってしょうがなくて一日に何回も更新を確認してたよ。
でも更新されてたら…。
そう思ってちょっと怖かったりもした。

トニーちゃんはyouによくなついてたね。
犬が苦手な俺でもトニーちゃんは大丈夫だったよ。

ずいぶん前の話。
トニーちゃんのためにうちらと遊ぶ予定をドタキャンしようとしたyouを責めたよね。
あれ言い過ぎたなと反省している。悪かった。

近いうちに近況報告でもしようなー。
【2009/03/17 18:09】 URL | ぽちょ #- [ 編集]

大往生
ご冥福をお祈りします.

トニーも貴方のような主の元で生涯を全う出来て
さぞ幸せだったことだろうと思います.
【2009/03/17 23:23】 URL | ヤマダ #- [ 編集]


お久しぶりです。
久しぶりのコメントがこのこのようなことになるなんて‥
ご冥福をお祈りします。
以前このブログの記事でトニーちゃんが載っててすごく可愛かったのを思い出します。
ニーシェさんに想われて過ごした16年間、トニーちゃんも幸せだったと思いますよ。
【2009/03/19 05:00】 URL | マコ #- [ 編集]

to タマ♪さん
コメントありがとうございますmm
はい、トニーは誰にでも自慢できるいい子ですからi-179
その笑顔にだいぶ救われましたね。。
【2009/03/19 14:50】 URL | 管理人。 #- [ 編集]

to ぽちょ
ホントはもう少し早く更新しようと思ってたんだけど、全然気持ちの整理がつかなくてさ。
・・今もまだついてないんだけどね。苦笑。

トニーは誰にでもよくなつくからね、
犬嫌いも直す力があったと親バカながら思っておりますi-228

そんなこともあったね。笑。
でも気にしないでおくれi-228
ドタキャンは良くないし。ドタキャンするくらいなら約束しちゃあかん。
そうだね、近々近況報告でもねi-225
【2009/03/19 14:55】 URL | 管理人。 #- [ 編集]

to ヤマダさん
そう言っていただけると心が救われます。。
家族も皆トニーを大事にしてきたからトニーはきっと幸せだったと思います。
それが最期の笑顔だったんだと信じることにします。。
【2009/03/19 14:59】 URL | 管理人。 #- [ 編集]

to マコさん
いえいえ、コメントどうもありがとうございますi-228
トニーの父はチャンピオン犬だからね、顔つきもホント凛々しくて可愛いんですよi-176
↑親バカ。
そうですね、そう言っていただけて本当に感謝しています。。
これからもトニーには幸せであって欲しいと願ってやみません。
【2009/03/19 15:05】 URL | 管理人。 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/429-257b03cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。