プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人間シリーズ【vol.001】~事後報告~
2008.11.26(wed)
昨日予告していたうちの一つを記事にしたいと思う。

本来であれば順番に京都旅行から書くべきなのですが、
愚かな私めは怒りを忘れてしまいがち。

そのリアルな怒りをより鮮やかに記載するためにも本日公開します。

またシリーズ名は【人間】と題しました。
社長シリーズに続き教授シリーズにしようかとも思ったけど、

この先きっと多くの困ったちゃんに巡り合いそうなので一括してそうします。


僕の視点から見て、
「それはどうなの?」という観点をここで記載する事で
観てくれている方のコミュニケーション能力向上に役立てていただけたらと思います。



さて、
これはとある某大学の某教授のお話。

小言が多くてお金にうるさい某教授、カネゴン先生。
そう名前をつけておこう。


僕はとある研究会に参加したかった。

それはカネゴン先生の研究室の修士1年生が毎年参加している研究会。
例年なら関東圏内で催される会なのに、今年はなんと京都でした。


どうせ研究会に参加するなら遠出したい。
僕の願いは叶い、京都で開催される。

俄然やる気が出る。

色々と気持ちが移り変わって今の研究にちょっと興味が薄らいでいたんですけど、
その学会に出たいがためにモチベーションが上がりました。

ところがカネゴン先生はそんな僕に対しこう言うのでした。




「うちはお金がないから(京都に)行かせたくないのう」

こうぼやくのです。
それによる僕のモチベーションがどう変化するのか常識を持っている方であれば想像できるでしょう。

・・僕はあまり常識という言葉は使いたくないけど、
こればっかりは常識的な範囲であると思います。


研究に燃える学生に対する研究費を惜しむ上司。


この段階で気持ちに陰りが出ます。

それでも行きたかったのでお世話になっている博士の方に相談。

すると、今の研究がどこまで進むかの見通しが立ってないから、と
あまりいい返事がいただけませんでした。。


そりゃ進歩が遅いのは自己責任ではあるけれど・・


それでも博士の方にメールで締切の事だったり
応募してキャンセルできるのかを調べたメールを送ったんですけど、


返信なし。


さらに例年だと締切の一週間前にはカネゴン先生直々にメールが来ていたそうです。

「締切が後1週間きりました」

と。




それすらもない。

ここまできたら日本人の僕としては空気を読まざるを得ない。

どう考えてもカネゴンは俺に京都に行かせたくない。
否、行ったとしても小言を言われるのがオチ


そこで僕は泣く泣く諦めました。

同時に研究に対するモチベーションは超低空飛行と化す。



するとどうだろう。
先日、カネゴン先生からメールが届きました。


締め切りは、2008年11月21日(金) 19:00でした。






事後報告かよ。

ここに彼のいやらしさがある。
もともと京都に行かせたくなかった彼は、
締切を知っていた上でわざわざ終わった後にメールをよこしてきたのだ。



残念ながら今回は希望者がいませんでした。この数年で初めてのことです。



いいえ、希望しておりました。

この腹ただしいメール!!!
数年で初めてでした?


あなたが締切一週間前にメールしなかったのもここ数年で初めてだったんじゃないですか?

会場が京都となった途端にお金がかかると思い
いやらしくもそうしたメールを送らない。

全然「残念ながら」のニュアンスが受け取れない。
お金がかからないあなたにとっては「喜ばしい事に」でしょう。

日本語にやや難がありそうですね。



そのくせ、あたかもこちらに非があるような言い回し。
いちいちやる気を削ぎ落す言い回しをするのが上に立つべきではない人間だ。



昨年まではM1のほぼ全員がこの時期には投稿できる状況でしたので
本年のM1は頑張らないといけないですね。






その頑張る気力を事ある毎に殺(そ)ぎ取るのはどこのカネゴンだ。


もう「削ぐ」じゃないです「殺ぐ」です。
殺してます。


上に立つ者としてもっと学ばなければならない事があると思います。

「人を動かす」の著書、デール・カーネギー氏がカネゴンを見たらどう思うだろう。
SONYの創業者、井深大氏がカネゴンを見たらどう吐き捨てるだろう。




世界一の投資家、ウォーレン・バフェットが見たらどう切り捨てるだろう。

偉大なる彼らの思想を少しでも理解して欲しい。

スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


お久しぶりです(・∀・)
学会の旅費ゎ研究室から出るんですか?
つか メェルの19時でした。の過去形が素晴らしい(笑)
社長さんといい教授といい...ある意味で天然記念物ですね(笑)
【2008/11/29 23:32】 URL | たま #- [ 編集]

to たまさん
どうもこんにちはi-179
そうですよ、学会に行く場合は海外でも旅費が出ますi-87
いやーもう笑いのネタですよね、これ。笑。
おかしいだろ過去形って!!みたいな。笑。
これからもこの天然記念人物を要チェックしていきたいと思いますi-234
【2008/11/30 00:24】 URL | 管理人。 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/344-b4216a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。