プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.048 あたし彼女 / kiki 【携帯小説】

サイト:あたし彼女

2008.09.26(fri)
初めて携帯小説というモノを読みました。
読んだキッカケはマイミクの方の紹介で。

第3回日本ケータイ小説大賞に選ばれてるらしく。

んですごい軽い気持ちで読み始めたんですよね
ケータイ小説だからすぐ読めるだろぐらいに。

そしてら以外とボリュームがありまして。笑。

全部400ページくらいかな。


まぁそれでも1時間ぐらいで完読。
1ページに200字ぐらい?なのでホントすぐ読めるとは思う。

・・僕は10~15分ぐらいで読めると思っていただけなんで。笑。

ケータイ小説って電車内とかの暇つぶし用ってイメージが強くてですね
すぐ読めると思ってたんですYO。

さてさて。

僕は普段書物の小説を読むので
この文体や構成が斬新すぎて衝撃的でした

一文一文がホントに短い。

それに基本的に情景なし。
主人公の気持ち。

それも文章というより自分の思ってる事を羅列しているような。


アタシ


トモの彼女


だからさ


ねぇ


キスしてよ


こんなん。

内容は言及しませんが、まぁ恋愛ものです。

なんというかここまでの恋愛モノ読んだ事なかったかも。
ホントに恋愛のみを扱っただけの作品。

主人公の女の子と相手の男。

二人の感情でほとんど描かれた作品。


新しい文学だなーと単純に思った。
ギャル文字も使うし、口語もバンバン。

みたいな?みたいな。


それでもストレートに描かれた分だけ伝わるモノもある

好きな人を好きと想い、そして言える。
・・少しだけ羨ましいな。


ちょっと自分も反省しなきゃならない事を気付かされたというかなんというか。

産み落とされた新しい文学に触れた事。
恋愛というモノを再確認させられた事。

色んな意味で読んで良かったと僕は思います

もしよければどーぞ


スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


携帯小説を侮っちゃだめです!私は『優しい手を持っている』(著ユゥ)「夏色」「冬色」「春色」(著 花梨)とか 著りんさんのシリーズが好き!
電車の暇つぶしより 読者の秋で読んでみては?
【2008/09/27 01:42】 URL | たま #- [ 編集]

to たまさん
確かに一つの文化になりつつありますもんねー。
【恋空】のように映画化されている事例だってありますしi-179
りんさんですか、じゃぁ時間見つけて読んでみますねi-274
【2008/09/27 05:06】 URL | 管理人。 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/298-0d036fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。