プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.046 崖の上のポニョ
ジブリ 崖の上のポニョ 宮崎駿【崖の上のポニョ】
おすすめ度
公式サイト:http://www.ghibli.jp/ponyo/


海辺の小さな町
海に棲むさかなの子ポニョが、
人間の宗介と一緒に生きたいと
我儘をつらぬき通す物語。
同時に、5歳の宗介が約束を守りぬく物語でもある。

幼い子供達の愛と冒険を描く。

宮崎 駿


2008.07.21(mon)
世間では三連休だったのに二日間は研究室にいたため
最後の日をもっと有効活用すべく映画を見る事に。

そして選んだのがもちろん、これ。【崖の上のポニョ

やはりジブリは外せません

前作の【ハウルの動く城】から早4年。
しかも原作・脚本・監督を宮崎駿さんが担当するのは【千と千尋の神隠し】以来7年ぶり!!

これは楽しみです


さて、本作の注目点は、CGの排除

手書きの良さという原点に振り返るという事で、
今回はCGを使用していない。

また海も一つの主人公と捉え、背景としてではなくちゃんと描いている。


その点を踏まえた上での感想。





75点。

先ず一つは対象年齢層が低く、そして幅がない。
小学校低学年用に作られた絵本みたい。

またストーリーの主体が5歳の子供達で、感情移入というより親の気持ちで観る。
ここでもう少し親の感情を作品の中に散りばめていたら、もっと対象年齢が広がったのかも。

「はじめてのおつかい」的な要素が強い。

だからストーリー的な深みはあまり感じられませんでした。


まぁこれはこれで、そういう作品だと思えば悪い訳ではない。
確かにジブリの今までの作品を振り返れば、
小学生低学年、はたまた幼稚園児向けの作品ってなかったように思えるし、
そうした意味でもなくはないでしょう。

なによりポニョ可愛いし
ちょっとした事にも素直に喜べるこんな子供が世の中に沢山いればいいのに。
もう一人の主人公・宗介もまた5歳児とは思えないくらいたくましく・・

ただあまりにたくましすぎて、
駿監督の言う「宗介の成長」という部分は薄まってますね

【千と千尋の神隠し】の千尋は最初がダメだった分、その成長がはっきり見えるけど、
今回はもともとしっかりしている子だから、どこを成長と観るかがちとわからない。



次。
アニメ部分。

今回は先ほども述べた通り、CGを排してます。
そして海も含めてアニメートした、手書きの良さを感じてもらうための作品。

そのためにCG部門をなくしてしまう徹底ぶり・・。


確かに駿監督が言う通り、手書きの良さというものはあると思います。
でもCG部門をなくさなくてもいいだろ

本作品に関しては絵本という雰囲気を壊さないために、CGを使わないというのはわかる。
荒れ狂う海など、手書きの表現の可能性というものはかなり感じました。

でも今後の作品としてはCGで効率化できる部分は効率化して、
ジブリが持つ、あの神秘的で幻想的な背景をしっかりと描いて欲しい。

例えば【となりのトトロ】のトトロの森とか、
【もののけ姫】のシシ神の森とか。

そういうのもそぎ落として欲しくないなー。

またやはりCGのメリットというのも必ずある訳で、(【もののけ姫】の崇り神とか)
それを自ら選択の幅を狭めるのは表現者としてどうかなって僕は思います。


・・ちょっと長くなってしまいましたね

うん、観ない方がいいなんて絶対思わないけど、
僕としては少し物足りなさを感じてしまう作品でした。



あ、そうそう、老人ホームのおばあちゃん達がね、これもまた可愛いです。笑。
そういうジブリのアットホームな温かさは健在
観てて、すごくほのぼのしました

そうした部分を加味して75点です!!!
スポンサーサイト

テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

 

この記事に対するコメント


くらげは同じモノがない!!!と番宣で言っていましたね

何度みてもトトロは飽きないです♪

三鷹の宮崎駿さんのジブリの森(だったかな?)また行ってみたくなりました
まだあるのかな?
【2008/07/23 00:57】 URL | たま #- [ 編集]

to たまさん
確かに全て手書きならではですね、同じ固体がないというのはi-228
トトロは不朽の名作ですからね!!僕もおばあちゃんと抱き合うシーンはわかってても泣けますi-241
まだあると思いますよ♪是非是非行ってみて下さいi-234
【2008/07/23 02:01】 URL | 管理人。 #- [ 編集]


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/247-516ecb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。