プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



井上雄彦 最後のマンガ展
井上雄彦 最後のマンガ展

参考:上野の森美術館【井上雄彦 最後のマンガ展】
参考:FLOWER公式サイト

2008.06.19(thu)
授業が本郷であったので
その後、念願の井上さんの展覧会に行けた。

その名も、【井上雄彦 最後のマンガ展

なかなか行く機会に恵まれず、
さらには日曜日は1時間しか見れないという始末。


じっくり見たい派の僕としては1時間で満足できると思えず、
ずっとずっと機会を伺っていました・・。


そして木曜日の昼下がり。
6月の梅雨の合間に広がる日差しの中、
少しの汗とともに僕は上野の森美術館へと足を運ぶ。


美術館には大きくバカボンドの主人公、武蔵が描かれていた。

そして


これが、最後だ

の文字。

おのずと期待が膨らむ。
平日の昼だけで多少の人数規制。
それでも15分くらいだった。


中にはいくつもの井上雄彦さんのアートが散りばめられていた。

マンガとは何か。
そして個々人とマンガとの境目。

空間。


・・・これ以上の事は語りません。

あくまで彼のアートを自身で確かめて欲しい。
ただ一つだけ言えるには・・




バカボンドを読んでいるなら、行かないと物語は完結しない。

大満足の展覧会でした



そうそう、
観終わった後、僕は感想を送りました。
すると、翌日井上雄彦さんから返信がありました(皆同じ内容だろうけど)

その中の一文を記載しておきます。





いつも「最後」を心に置いて生きることが、人を強くし、やさしくするのでしょう。

井上雄彦



これも強く展覧会に結びついています。
是非行くことを強く勧めます。


スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/222-694490f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。