プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



鴨川シーワールド 【前編】
2008.05.06(tue)
という訳でラーメン三部作を終え、
次は乙女に喜ばれる記事・・と行こうかと思ったけど、
先ずはお出かけ日記にします。笑。

これは早めに書かないとその時の感情を忘れてしまいそうなので

んで黄金週間ラストデーは、千葉の太平洋側、鴨川シーワールドに行ってきました


昔から行きたかったんだけど、如何せん遠い
電車で片道2000円とか普通にかかるしね

車とかあれば海ほたるを経由してもっと安く行けたかもしれないけど、
まぁなんてったってアイドル学生ですから。

鈍行でゆらゆら揺られながら行ってきました




今回の小旅行はかなりスケジュールがきつかった。
というのもゴールデンウィークは実家に帰らなければならなかったのだ。

さらに5月5日にはなんとバンド練習。

ギターを背負い、勉強もしたかったのでノートパソコンも持っている。
沢山の衣服などなど、とにかく荷物が多すぎてやばい;;

総重量30kgはあったと思う。
ちょっとした子供一人分です。


18:00-20:00でスタジオに入りギターをかき鳴らし、
20:16発の電車に乗って一旦帰宅。

このおよそ30kgもの荷物を置くために。
んで分単位で俊敏に動き、したたる汗もそのままに走って電車に乗り込んだ。

そのまま鴨川方面まで向かった。

んで途中駅で下車。
というのもその終電の終着駅まで行っても寝る場所がないのだ。

あらかじめ調べておいたので、途中下車駅は決まっていた。
その駅から徒歩700mぐらいの所にホテルがあるのです。


スタジオも頑張って、30kgの荷物を持ちながら走り
正直僕はかなり疲れていた。

しかし駅を下りて、あとはちょっと歩けばもうぐっすり寝れる。
僕はそう信じて病まなかった。






ホテル満室。

衝撃的。
なんと深夜1:30、寝る所を失った。

学生の小旅行なんで、もちろん寝るトコなんて例の安いホテルです。
だから予約とかそういうシステムはないです。

でも僕は1部屋ぐらい空いてるだろと高を括っていた。
それがそもそもの間違いだった。


それから携帯を頼りに3km以上歩き、なんとかホテルを発見。
時間はもう3:00を回っていた。

コンビニも街灯もない道をただひたすらに歩き続け、
寒さに打ち震えながら、空腹に倒れそうになりながらなんとか辿り着いた。

ホテルで風呂に入りすぐ寝る。

しかし鴨川シーワールドは9:00オープンという事なので8:00起床。
・・・でも結局鴨川シーワールドに着いたのは12:00っていう


先ずホテルから駅までが遠かった

昨日の夜はただひたすらに落ち武者のように歩いてたから気付かなかったけど、
人が2時間彷徨っていればそれなりの距離を移動してるんですよね。笑。


さらに、この降りた駅が一時間に2本しか来ない

駅に着いて30分待ち。
またこの駅から鴨川シーワールドまでまだ一時間もあって・・

・・もうボロボロです。


この駅の名は【東浪見】。
・・もうこないな。笑。




なんとか12:00に鴨川シーワールド入り!!!!
でも17:00までなので猶予は5時間。

いかに楽しむかをパンフレットを眺めながら即座に計算。
シーワールドは広いから一日じゃ回りきれない、という人もいるらしいのですが、

それでもある程度は回りきれます。



  • エコ・アクアローム
  • マリンシアター
  • トロピカルアイランド
  • サーフスタジアム
  • オーシャンスタジアム
  • ロッキーワールド
  • 海亀の浜
  • ペリカンの池

と8つのエリアがあるんですけどね

これから行く人の参考になればと思い、
【後編】でそのルートと時間配分を記載したいと思います




スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/196-e0402d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。