プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



伊豆旅行。【前編】
2007.09.15(sat)
院試体験記を書きたい欲望を抑え、僕は昨日までの小旅行について書こうと思う。

三連休を利用し、伊豆にドライブ旅行へと繰り出した。
面子は塾講師時代の時の友人たち。

そのうちの一人が車を出してくれて、僕達は伊豆へと向かった。

先ず最初のアクシデント。

僕は集合時間より30分前に郵便局へ向かった。
というのも、大学院に提出しなければならない書類があって、
それを出しに行ったのだ。

ところが休日もあったせいか、長蛇の列。。

なにより局員の怠惰な仕事ぶり。
トロトロとろとろ、ダルそうな顔つきで仕事を行っている。

僕の番になっても、こちらの説明を全く理解してくれないおまけ付き。



一日も早い民営化をっ一日も早い民営化をっ、!!

頭の中で延々と繰り返されていた。
そうこうしているせいで20分も遅刻してしまいました。ごめんなさい。



さて、スカイラインに乗り込んだ我々三人はとりあえず伊豆に向かう。
現地につけばなんとかなるだろう。

自称八王子のシューマッハであるY氏は頭文字D並みの走行で東名を縫って行く。
あれはもう頭文字Yだろ。
そうだ、頭文字Yというあだ名にしようそうしよう。

まぁDがなんなのかは知りませんが。笑。とりあえずY氏なので。

16:00には伊豆内に入り、とりあえず腹が空いたという事で飯。
なんとも本能のままである。

そこで購入した「まっぷる」に載っている飯屋をあたる。


伊豆・欧風料理
 閉店の図。



伊豆・創作料理・うどん・あいだ
 昼の部終了の図。(夜は完全予約制)



そう、伊豆の飯屋は夜に優しくないのだ。

これが俗に言う、アクシデントその弐である。

まっぷるのどこを見ても夜は予約制ばかり。
僕らはお腹を空かせた猫のように路頭を彷徨う羽目となる。

しかしなんとか飯屋を発見。
伊豆と言えばなんですか?そうですね、


メキシコ料理ですよね。

伊豆・メキシコ料理・タコス。 伊豆・メキシコ料理・ピザ 伊豆・メキシコ料理・中華料理

お腹を空かせた僕らは伊豆という場所でメキシコ料理を堪能。
やはり御馴染みのタコス(写真左)、とっても美味しい。
チーズたっぷりピザ(写真中央)。お口の中でとろけるの。

そして最後に冷やし中華(写真右)。お口の中がさっぱりなの。


これが歴史に名を残す、墨中合作事件である。

メキシコと中国のコラボレーション。
メキシカンな雰囲気の中で食す中華料理に

「俺(私)・・なんでここで冷やし中華食べてるんだろう。。」

と感じる事間違いなし。違和感とともにご堪能あれ。
さらに不思議な事にそのメキシコ料理屋店内に花火も売っていた。

店員のお嬢さんに、「この時間で遊べるトコはない」と断言されてしまった以上、
店側の陰謀にまんまと乗せられ僕らは花火を購入し、白浜海岸へと車を走らせた。

20:00。白浜海岸に到着。

夜故に白浜の特徴とも言える白い砂浜は当然のように見えない。
しかし、さざ波の音と磯の香りが我々の興奮を掻き立てない訳がない。
僕らは発情期の動物のように、本能のままはしゃいだ。

先ず買ってきた花火をさっそく引火。
手持ち花火をライトセイバーに見立て、飛び散る火花をぶつけ合っていた。
さらに頭文字Yは噴出型の花火を我々の衣類付近で引火。
危うくズボンを燃やされる所であった。

注:危険ですので良い子は絶対に真似しないで下さい。

周りにも花火をやっている人がいて打ち上げ型花火を楽しんでいた。
羨ましくも思ったが、我々がメキシコ料理屋で購入した花火群の中に設置型が多い。

打ち上げ型花火だってあるハズ。
僕らはそう信じていた。


これがアクシデントその3。メキシコ料理屋は打ち上げ嫌い
数ある設置型花火全てが噴出型花火であったあの侘しさ。悔しさ。

僕らは涙を拭い、ついでに身包みも拭い、






そのまま海へダイブ。


花火を全て使い終わった僕らの眼前に広がるのは、母なる海。
嗚呼、海が呼んでいる。気付いた時にはもう海の中にいた。

海は僕らを受け入れてくれた。
暗闇の中、わずかな光に照らされた波模様。
壮大で美しい伊豆の海、そして空に輝く星達の寝息。

少女漫画における、蝶を追い掛ける麗しい乙女のような図で遊ぶ僕らは
ふと海平線付近に盛り上がる黒い海を確認。

た、高い波がくる・・!!!

その瞬間、ひんやりとした冷たさが僕らを飲み込んだ。





アクア・ラグナの急襲。
ワンピース参照)

そう、海には危険が潜んでいる。
良い子の皆は、決して真似してはいけないよ?

海の素晴らしさと恐怖を胸に、脱ぎ捨てた衣服を片手に、僕達は白浜を後にする。

伊豆の風がびしょ濡れの体を無常にも吹き荒む中、僕らはどこに向かうのだろう。


次回最終回。
COMING SOON...



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/15-78a6fb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニューキラキラ星

 楽しめました夏といえばこれでしょう・・・キャンプにはもちろん欠かせないし、庭でひっそりするのもよし。浴衣なんか着てみたりして、夏の夜を楽しめる品ですよね♪とっても綺麗です。キレイ!!水増し用!?とりあえず買っとけ花火。水増し用!?とりあえず買っとけ りこのブログ【2007/09/23 14:13】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。