プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.159 実践ソーシャル・メディア・マーケティング / ジム・スターン
実践ソーシャル・メディア・マーケティング 戦略・戦術・効果測定の新法則実践ソーシャル・メディア・マーケティング 戦略・戦術・効果測定の新法則
ジム・スターン 酒井泰介

朝日新聞出版 2011-02-18
売り上げランキング : 8322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011.06.14(tue)
最近気になっているソーシャルメディアマーケティング。
今話題のTwitterやFacebookを活用して、どうやってお客様にリーチし販売していくか、です。

最近(といっても4月頃)とても興味深くて関連書物を読んでいます。

というのもあるサイトについて、より多くの人に見てもらうためにSEO対策を頑張っていますが、
それだけではいかんなと。

SEOは対策して検索に引っかかるのを待っている形になってしまっているので、
それよりもこちらから働き掛ける必要があると感じました。

そうしたら本書が本屋の店頭に置かれているではありませんか。

帯には

フォロワーを増やすだけでは意味がない!
ツイッターやフェイスブックで「売上」を伸ばすには何をすればいいのか



Twitterを活用しはじめていた僕にとって、
かなり気になる帯だったために即座に購入。

早速読んでみました。


アメリカのソーシャルメディアマーケティングの具体的なケースも紹介しつつ、
ユーザの注目を引くこと、感情を汲むこと、行動を促すことなど

あくまでソーシャルメディアはツールの一つであり、その先のユーザ思考である必要はあると説明。

ただ、ツールが違う以上、既存のマーケティングとは方法を考えなければならない、というのが本書。

そのためにログの取るツールやユーザの呟き・意見をどう対処するかなどが載っています。

個人的にはなかなか楽しめました。


難点を挙げるとするならば、

紹介されるツールは基本アメリカのツールである点。笑
活用する場合は英語のサイトを読み解いていかなければならず、簡単に活用するのが難しそう。

もう一つは、やや直訳すぎる感じがしました。
なので少し読みにくい。



2200円と少しお高い本ですが、
それだけ中身も濃かった本だったと個人的に思います。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

 

この記事に対するコメント


 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


 

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://holyterror23ver02.blog111.fc2.com/tb.php/1001-49b09186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。