プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.102 竜馬がゆく 三 / 司馬遼太郎
竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)

文藝春秋 1998-09-10
売り上げランキング : 359
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.30(fri)
さぁさぁきましたよ、勝海舟!!
と言う訳で第三巻。

昨日新宿までパリで知り合った方々と飲みに出掛けた際の車内で読み終わりました。

第三巻の最も注目すべき点は2点あると思います。
その一つが勝海舟との出会い。

幕臣でありながら世界に目を向けている勝との出会いによって、
竜馬の成功があったと言えるぐらいではないかと個人的には感じました。

脱藩をして半ば路頭に迷っているような状態で、
攘夷派にとって勝は邪魔だということで暗殺しに行く友人に着いていきながら、そのまま勝の弟子になった竜馬。

そして勝自身も竜馬の才覚を感じ取り、最高のもてなしを施す。


例えば脱藩の罪を許してもらったり、
また海軍を作るという竜馬なりの攘夷方法に手を貸し、また学びの機会を与えたり。

正直、勝がいなければ竜馬は何もできなかったのではないでしょうか。


本当に竜馬は運がいい!!

しかしその運も竜馬の才能によるものだと思うのです。

というのも、
先ず竜馬の人に好かれる性格が一つ。
これは1~3巻まで読んでるとわかるんですけど、
どこか人と違いながらも、非常に人に好まれる性格みたいです。

恐らく階級に関係なく分け隔てなく接することができる竜馬だからこそだと思います。

また剣客としての才能も一つとして挙げられます。
竜馬は北辰一刀流の免許皆伝を持つほどまでに剣にも長けていました。

その一つの特技が、
敵にとっては脅威であり、味方にとっては心強さとなり、
どちらにとっても一目置かれる存在となる。

話題の人物となれば、周りの人々に興味を持ってもらえる。

そうすると竜馬の一言が大きな影響力を持つようになり、また人を集める力にもなってくると思います。


事を成すためには先ず人に好かれる、
そして力のある人と出会う。

このことが大事なんだろうなぁ。

この第三巻で竜馬は非常に素晴らしいことを言っていました。
それは、

「人が生きる理由は、事を成すため」

この言葉は男として胸の奥を揺さぶられるものがありました。
生きる目的は大きな事を成すことに尽きる。

清々しさ溢れる名文句ですね




さて、勝海舟との出会いの他にもう一点大事なことがあります。

それが、おりょうとの出会い。

いやぁ、1,2巻を読んでいたらお田鶴さんが竜馬の嫁になるのかと思ってたんです。
階級の違いを乗り越えて結ばれる、
日本版ハッピーエンドのロミオ&ジュリエット的な。

ところが。

火事の際に刀を預けた娘おりょうに、いきなりひと目惚れ

しかもそれがお田鶴さんの目の前で!!!


お田鶴さんも竜馬に心奪われており、
上手くいきそうな雰囲気が漂っていたのに!!!!

ホント竜馬のモテ具合にびっくりします。

竜馬と出会う女性は大抵竜馬に恋心を抱きます。笑。


しかも司馬遼太郎先生の描写の仕方が、どの女性も美女として描くんですよ。

ホントに羨ましい限りですな。笑。


ストーリーとしましては、
勝海舟と手を組み、某大名から5千両もの大金を調達し海軍学校を設立したところまで。
今後どのような展開になるのか、引き続き4巻を読み進めたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学



No.101 竜馬がゆく 二 / 司馬遼太郎
竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)

文藝春秋 1998-09-10
売り上げランキング : 221
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.29(thu)
すでに三巻を読み終わろうとしている中で二巻を記事にします。笑。
二巻は竜馬がついに脱藩します!!!

脱藩とは、読んで字の如くですが、
当時の日本ではコミュニティ意識が非常に高かったみたいで、
土佐藩や長州藩、薩摩藩などなど、個人は藩に所属しております。

その藩を抜けることは罪であるのです。


しかし竜馬は日本を変えるということをぼんやりと考えてはいるけど、
どうも同郷の土佐藩のやり方と肌が合わない。

そこで脱藩を決意する訳です。


読んでいて感じたのは、
若干なぁなぁで簡単に脱藩を決めたなぁということかな。笑。

「脱藩か、それも面白いな」ぐらいの軽いノリの竜馬にちょっと拍子抜けしました。


ただ周りはそうはいきません。
親族でそうした脱藩者が出た場合、家族が被る被害は甚大ではない。

コミュニティ意識が強い分、親族の罪には過敏であり過剰です。


それでも竜馬は脱藩をするのですが、
僕が感動してしまったのは、それを支えた姉たちですね。

自分たちにどれほどの迷惑がかかるか知った上で竜馬のやりたいようにさせた。

自由にやらせることが必ずしも良いという訳ではないけど、
それでも弟のために手を尽くす愛情に僕は姉弟の絆を感じました。



もう一つ読んでいて強く感じたことがあります。

それは、正義も悪もない、自分こそが正義という感覚。


藩には藩の考えがあり、
幕府には幕府の考えがある。

そして自分の正しさのために争う。
暗殺さえも厭わない。

暗殺も、彼らの正義に沿えば理論だっており正論なんですよね。
そうしたお互いの正義があって戦があるんだと改めて感じました。

これは現在の戦争にもあてはまると思います。

イラク戦争にしたって、
どっちが悪いとは一概には言えない。

お互いが自分が正義と思っているんだから、悪は存在していない。
だから争いが絶えないんだろう。

もっと漫画のように正義と悪が明確だったら世の中平和なんだろうなぁ。。

非常に難しいですね。
どっちも悪い、君はここが悪かった、あなたはここが悪かった、
だからお互いあれとこれを改善して仲良くやっていこう。

そんな風にして丸く収まれればいいんですけど・・・
そうするにはあまりに多くの人が犠牲になってしまいましたね。

仲良くやれなくとも、犠牲者が0になる世界を作るために何をすればいいのか考えなければ。
小沢幹事長とか無給でそういうことを考えて欲しいな。

起訴するしないとか、幹事長を辞める辞めないの議論をするぐらいならね。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学



知名度が高い
2010.04.28(thu)
いよいよ明日から黄金週間ですねー
パリで知り合った友人との飲み会や高校時代の親友の結婚式と予定が盛り沢山で楽しみです

そして黄金週間まで駆け抜けてきた研修も一時中断。

研修なんですが、何故か自分の知名度が異様に上がっていてびっくりしてます;

他クラスの同期から「噂の院生」だとか「できる奴」等々、
顔も知らない方々に突然話しかけられたりします。笑。


全体研修の最後のグループワークでの自分の仕事が評価され、
講師室でも話題になったそうなので、その辺りから噂が出回ったのかもしれません。

思えば僕らのグループのトコに数人見学に来ていましたね


本日もクラス内で8分のプレゼンを行ったのですが、
「完成度が高くて直すトコが見当たらない」と素晴らしい褒め言葉をいただきました

ちなみにそのプレゼン、準備15分です。笑。


というのも、1時間の準備タイムを設けられるんですけど、
僕の場合、その時間に先輩社員と座談会という会社のイベントを組み込まれ、
そのイベントが終了してからの15分以内に作れと無茶ぶりをされました。

いやー人間やればできるもんですね

今まで院生活でこれほどまでに高い評価をいただけなかったので、
ありがたいとともに非常に恥ずかしい

しかしこれからもこの評判を落とすことなく、
なんとか期待に応えて第一志望の部署配属を実現したいと思います!!!




初任給。
2010.04.27(tue)
初任給をついにいただきました
これで完全なる社会人です。

そこで初任給をどう使うかを考えまして、
結果、母が経営している店でボトルをキープすることにしました。

ノアーズミルをキープ。

母にとってもウィンであり、
僕にとってもボトルをキープしたことで少し大人な感覚を味わえて、
この初任給の使い方は良かったなと個人的には思いました

ちなみにノアーズミルはアルコール度数が50を超えており、
味の方も大人な感覚であります。

まぁ先は長いのでチビチビと飲んでいこうと思います



ワンピース次週予想【583話】
ONE PIECE ワンピース 【コミックセット】 ワンピース one piece ロゴ logoONE PIECE ワンピース 【コミックセット】
尾田 栄一郎

集英社
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.26(mon)
私事ですが、研修も第二ステージに入りました。
忙殺されると本部長やら取締役に脅されており、チキンな私はチワワのように震えております。

さてそんな僕の心のオアシス、ワンピースの話。

先週の予想としては、

1.ゴールデンウィーク明けが第二章の始まり
2.26日はまだもう一回第二章への布石を載せてくる

2-1.久々の麦わらの一味それぞれをちょろっと出すのか
2-2.荒れる世界をさらに映し出すのか
2-3.女ヶ島に連れていかれるルフィを描くのか

といった感じでしたが、
2-3以外は全部外れでしたね


今回もちょっと衝撃が強い回であると個人的に思います。。


1.女ヶ島で暴れるルフィ

トラファルガー・ローに治療され女ヶ島にかくまわれたルフィ。
そして2週間が経ち目が覚めたが・・・

目前で見た兄の死の記憶が頭を離れない・・・

大地に倒れる兄エース。。
掌に広がる兄の血。。

拳を振りあげた赤犬。

自分を助けるために目の前に立ち塞がったエースの叫び。


鮮明に残る記憶がルフィを苦しめる。。。。
読者同様に兄の死を受け入れられないルフィは、とにかく暴れることで気を保っている。。。

泣き叫ぶルフィにかける言葉もでないジンベエ。



ああ、なんて苦しい話なんだ。。




2.遡る過去、エースとルフィの対面

そしてストーリーは過去へと移った。

ルフィとエース、二人の絆がいかにして紡がれたのか。
その過去がついに明かされる・・



3.ダダン登場

そしてついにダダンが出てきました
ルフィの母とか、ダダンは男などなど、色々な憶測が流れていましたが、

山賊の棟梁をやっている女山賊でした!!!
その名も「カーリー・ダダン」

これはルフィとエースの”仮親”だから「カーリー」なんですかね?笑。

ガープに弱みを握られている悲しき山賊は、
エースとルフィの面倒を見る羽目になります。


さて、これが今週のおはなし。

んで次週以降になる訳ですが。

この過去ストーリーにおいて絶対感動シーンがくると想像がつきます。
なんかもう、今でさえ目頭が熱くなっております。

恐らく来週はエースとルフィのいがみ合いから始まると思います。
とにかく毎日喧嘩の嵐。

そこでタジタジのダダン一家。

この喧嘩によってエースもルフィも戦闘能力を上げて行くんでしょうね。。

シンプルですが、一先ず今週はこんな感じで。

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



悔しさが滲む
2010.04.25(sun)
一昨日をもちまして、同期全てで行う全体研修が終了いたしました。

その研修最後で行われたグループワークでクラス代表となり、
他クラスとの代表とプレゼンで勝負したのですが・・・



結果、敗北。

これは非常に悔しい。。

人事本部長等が評価するんですけど、
その総評を聴く限り、独創性を一番に置かれてしまったんですね。

しかし僕らのグループは、
独創性よりもビジネスとしての実現性を求めていたので、
その時点で求められていた方向性にズレが生じてました。

数値の整合性やスライドの見せ方だけなら他に劣らなかったと思うのに・・・



そして何より悔やまれるのは自分のプレゼンのミス。。

メンバー紹介において、メンバーの名字を忘れてしまいました。。

普段から「○○さん」と下の名前で呼んでいたのでとっさに名字が出ず失敗。。
大失敗ですね・・。

この失敗を次以降に活かしていきたいと思います。



また配属に関してですが、

人事部ではない方の第一志望の部に配属となりました!!

これは本当に嬉しいです
同期の中でその部に配属になったのは僕を含め2名のみっぽそう。

あとは課です。

課はまだ決まっておりません。

そして僕が行きたいと切望している課は、
会社が創立以来、未だかつて新人配属がないという課。

なんとか史上初の新人配属を実現させるためにも、これから頑張っていきたいと思います。






手短に報告
2010.04.23(fri)
昨日の最終グループワーク・プレゼンテーション。




見事1位を獲得致しました。

過半数の票を得たので、手前味噌で恐縮ですが圧倒的だったかと

そしてクラス代表に選ばれたので、
本日の9:00からクラス対抗のプレゼンテーションを行います!!

審査員には人事部のお偉いさんが勢ぞろいするというね。

そしてそこでも一位となったら・・・・



武道館に行きます。笑。

一位になりたいなぁ。

ここで結果を残したら人事本部長と口約束していた、
結果を残したら飯に連れてってやるという約束を言ってみよっと。笑。

チューターも一位になったら何か奢ってくれるとのこと。

頑張るしかない。


ただ一番の問題は、





睡眠時間確保できてないことだよね。

なんとか今日を乗り越えたい。
そして昼にはいよいよ配属先発表です。

勤務地も二か所言われ、行きたい部署とは違う部署を入社前面談で言われた私として、
非常に気になっております。



研修は順調であります
2010.04.21(wed)
昨日に引き続き、グループワーク。
本日も30分のスケジュールズレが生じたけど、当初の予定通りに成果物も出せました!

あとは明日プレゼンの練習をして、発表と。


リアルに一位を狙って頑張りたいと思います。




PMをやれることへの感謝とメンバーへの感謝
2010.04.20(tue)
研修もいよいよ終盤を迎え、最後のグループワークとなりました。
これは三日間使って課題をこなすのですが、ここで僕はリーダーを担当しております。

ホント、リーダー否、プロジェクトマネージャーをやらせてもらえる環境に感謝です。

自分で言うのもあれですが、
PMは天職だと自負しております。

一つのプロジェクトに対し、大きな方針を決定し、
その内容の肉付け部分をメンバーに任せ、自分は補佐に徹底する。

この流れが楽しくて仕方がない!!!


研修中はやはり同期のチャンスを奪うようなことはしたくなかったので、
あまり自分から「リーダーやらせてください」とは言えなかったけど、

今回はグループメンバーの推薦もあり、最後の課題ということもあってPMをやることにしました



さらにここで言いたいのは、メンバーの素直な協力です。

仕事はリーダー一人でなんとかなるものではありません。
人数が増えれば増えるほどそうだと思います。

そこでメンバーの協力が必須となります。


そこで我がグループのメンバーは本当に僕が組み立てた骨組みに沿って、
頼んだことをその通りに調査してくれます!!!

超やりやすい!!!!

ここで役割分担を無視し動き出す人がいたら、プロジェクトは破綻していたと思います。

しかし、そうした不穏分子がなかったため平和に現在進行中。
それもこれも、全て我がグループのメンバーあってのものです。

明後日まで続きますが、
現在の進捗として全体の6割はできていると思います。

あとは明日の15:00までに提案の独創性の部分作りと、提案の実現性の根拠をデータとして示せばOK。

流れは非常にいいです。
昨日の夜に考えたスケジュールとほぼズレなく進んでいます。

今回、この課題は他グループとの勝負があるんですけど、
手前味噌で申し訳ありませんが、かなりいいトコまでいけるんじゃないかと興奮しております

明日、そして明後日の発表当日に向け頑張りたいと思います!!!



ワンピース次週予想【582話】
ONE PIECE ワンピース 【コミックセット】 ワンピース one piece ロゴ logoONE PIECE ワンピース 【コミックセット】
尾田 栄一郎

集英社
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.19(mon)
さてさて、一週分の休みを挟みようやく!!ワンピースがやってきました
580話では戦争が終わった直後の海を描いています。

んではいきましょうか、新時代へ。


1.古き朋友

これは扉絵について。

バギーとシャンクスがゴリラのおでん屋で酒を飲んでる・・!!!

なにこの、ほっこり感。
いきなり癒されました。笑。


2.ルーキー達の思い

マリンフォードの頂上決戦。
その沖にルーキー達が集まってきていた。

海軍を嘆くX・ドレーク。
白ひげの領土が荒れると予想するカポネ・ベッジ。
黒ひげの脅威を感じるウルージ。

トラファルガー・ローの奇行を怪しむスクラッチメン・アプー。
黒ひげ(かな?)へ怒りを露わにするジュエリー・ボニー。
ルフィの生存確率を0と予想するバジル・ホーキンス。

そして、

世界の均衡が崩れた今、新しい時代の幕開けに薄ら笑いを浮かべるユースタス・キッド。

これからの新時代を担う彼らが今後どのように歴史を紡いでいくのか。




3.最後の四皇

キッドがついに最後の四皇の名を口にした!!!!
その名も・・・


ビッグ・マム




え、大きな母?



ローラママ!!?

やはり四皇の一人はローラママでしょうか。
そんな気がしてなりません。



4.荒れる海

海軍の勝利を喜ぶ人々。
ワンピースが実在すると知り高ぶる人々。

そして、白ひげの名で守られていたが白ひげの死によって襲われる人々・・・・

白ひげを倒すことが正しかったのでしょうか。
世界は白ひげがいる頃より、確実に混沌としてきているように思います。。



5.その後のルフィ

ローに救われたが身体的にも精神的にも大ダメージを受けたルフィはまだ意識を回復もできず。
そこで療養のため、ハンコックの優しさによって女ヶ島でしばらく身を隠すことに。

ローの潜水艦を追ったハンコックを載せた軍艦には、
イワちゃんを筆頭にインペルダウンを抜け出したニューカマー組もちゃっかり乗船。

彼らはカマバッカ王国に戻るとのこと。

ここでイワちゃんはルフィと別れてどうするのか。
やはりサンジと出会うのでしょうか。

この辺りも気になるとこであります。


6.インペルダウンLv6の囚人

あのマゼランもシリュウを引きこんだ黒ひげ海賊団に敗北。
そしてインペルダウンLv6は最悪の状態となった・・・

黒ひげ海賊団に加入した4人の他にも、インペルダウンから消えた囚人がいるというのだ。


もともと彼は非道すぎる故に世界からも消えていた存在。
その彼らが地上へと解き放たれた。。

海軍としてはすぐに彼らの情報を公開し、なんとしてでも見つけ出さなければならない。


ところが。



インペルダウンがやられたことの失態が世界政府の信用を失うという見解から、

世界政府がLv6の囚人情報を規制する方針を打ち立てた。

その対応に声を荒げるセンゴク総帥。
正義とは一体なんなんでしょうか。。



7.ドフラミンゴの不穏な動き

戦争が終わり一時は落ち着きを見せていたマリンフォード。
しかしその裏で、

ドフラミンゴが率いるパシフィスタによって瀕死の状態となっているゲッコー・モリアがいる。

ドフラミンゴはモリアの命を狙っている。

そしてその差し金、海軍本部よりさらに上の階層からの指示・・
世界政府だ。





さぁいよいよ世界政府の暗躍が見え隠れしてきました。
これが第二章への布石、否、ワンピース後篇への序章ではないでしょうか。

来週の予想ですが、
僕としてはゴールデンウィーク明けが第二章の始まりと考えています。

なので26日はまだもう一回第二章への布石を載せてくるのではないでしょうか。

それくらいしかなんとも言えないですね;
久々の麦わらの一味それぞれをちょろっと出すのか、それとも荒れる世界をさらに映し出すのか。

それか女ヶ島に連れていかれるルフィを描くのか。

その3点ぐらいかな。




No.082 アリス・イン・ワンダーランド
2010.04.18(sun)
久々の映画を観てきましたー。
っても先月の12日に「ライアーゲーム」を観ていますが。笑。

今回観てきたのは公開して間もない「アリス・イン・ワンダーランド

不思議の国のアリスのその後を描いた作品です。


・・このその後の内容が原作としてちゃんとあるのか、
それとも鬼才ティム・バートンのオリジナルかはわかりません。

公式サイトに行けないので調べられませんでした;
いつか時間があったときにでも調べることにします。

また画像も紹介のために載せようと思ったんですけど、
さすがディズニーに絡んでいるだけあって宣伝用の画像さえもありません。

まぁ本来は載せてはいけないんですけどね;


さて、さらに本作の特筆すべきはやはり3D作品というトコでしょう。
3Dメガネをつけて二時間ばっちり観てまいりました。

本編前の宣伝を観てる限り、徐々に3D作品も増えてきており、
テレビでも3Dテレビが市場に出てきたことを観ていると、世の中は3Dへと移りつつあるのかと感じてしまいます。


んでは内容について。

もともと「不思議の国のアリス」自体、カオスな作品であり、独特の世界観がウリ。
そこにあのティム・バートンが絡んできてるんですから、


ついていけないほどの世界観が構築されております。


言葉も意味がわからないフレーズばかりで、
なんだかよくわからなかったというのが正直な感想です。苦笑。

でもそれがこの作品の良さなのかなと思う。


ただすごいなぁと感心するのがCDのクオリティ。
・・・前日に観た日本ドラマ「怪物くん」と比較してしまったせいか、
やはりアメリカ映画での3Dの使い方は目を見張るものがあります!!!!!

あとはやはりチシャ猫の可愛さです

原作のチシャ猫はあんまり可愛くないのですが、
世界的な人気を受けてか、すごく可愛く且ついい子に描かれておりました。笑。

チシャ猫好きの方は是非ご覧ください


さらにちょっとした雑学なのですが、

原作では「チェシャ猫」と言うそうです。
そしてディズニーだと「チシャ猫」となっているとのこと。

今回は原作を尊重してか、チェシャ猫になっておりました。

総評としては、
興味があれば観る、興味がなければ観なくてもいい、そんな感じでした

3D作品としては、次はトイストーリー3が個人的には観たいですね。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



霙の中を歩く
2010.04.17(sat)
いよいよ研修も二週間が終わり、残り一週間となりました。
そして翌週の金曜日(4月23日)には配属先が決定致します。

僕は現在勤務地が2つ提示されておりまして、どちらも東京です。

問題は部署がどこになるのか。
エンジニアだけど人事を匂わされたりしており、ドキドキしている次第です。



さて、残り一週間ですが、
昨日ついに初めてバスで寝過ごしました。

定時上がりのくせに通勤時間が2時間半な上に毎日が課題があったので
平均睡眠時間が4時間未満という破綻している毎日の中、

それでもなんとか頑張っていたけど、金曜の夜にやってしまいました。。。。


もうね、ホント最悪ですよ!!!!

ミゾレですミゾレ!!!
こちとら薄いコートのまま、山の冬の中を途方もなく歩く!!!!!

息は白いは手はかじかむはで泣きそうでした。



僕の実家を知っている人はわかると思いますが、
23:00過ぎには車も人通りもございません。

あるのはポツポツとした外灯ぐらい。


おばけが出てきてもおかしくありません。


そんな夜道を歩くこと30分、ようやく一台のタクシーを発見!!!!
死に物狂いで駆け寄りなんとかタクシーゲット!!!

タクシーの運ちゃんに「バスで寝過ごす人いるんですね~。笑」と笑われながら、



きっちり1000円取られてようやくの帰宅。


しかし1000円出さなかったら1時間くらいミゾレの中を歩く羽目になっていました。。。
タクシーが来てくれて本当良かったぁ



fc2の御乱心
2010.04.15(thu)
どうもどうも!
先日ですが、当ブログのレイアウトが崩れていましたね
原因がわからずに、取り敢えず臭いものにはフタ的な先送り精神全開で記事を更新しようとしたところ、

なんと管理ページに行けず。

そんなこんなで二日間更新できませんでした。



FC2で4年近くブログを書いてきましたが、(過去のブログも含め)
このような事態は初めてであります。

天気といい、私のバイクといい、そしてFC2といい・・・

なんだかなの毎日を過ごしております。



異常すぎる気温
2010.04.12(mon)
週始めだというのに、あいにくの雨模様。
加えてこの気温変化。

【最高気温】
4月11日(sun):22℃
4月12日(mon):12℃(前日比ー10℃)
4月13日(tue):22℃(前日比+10℃)
4月14日(wed):16℃(前日比ー 6℃)
4月15日(thu):10℃(前日比ー 6℃)
4月16日(fri):12℃(前日比+ 2℃)
4月17日(sat):15℃(前日比+ 3℃)


なんですか、この気温差は。

4月ですよ?春のうららかな陽気に希望が満ち溢れるはずですよ??

早く気温が安定して欲しいものです。




宿題をやっていたらこんな時間に
2010.04.12(mon)
ちょっと失敗しました
研修で出された宿題を甘くみていました。笑。

1時間ぐらいでできるだろう、と考えて今日は部屋の片づけを優先してやっていて、
24:00から宿題に取りかかった結果こんな時間に。

なんとか二時間で仕上げてこれから就寝です。

明日からまた5日間始まります。
頑張ろっと




リーダーの資質
2010.04.11(sun)
最近の天気は本当に不安定ですね。。
今日は最高気温が22℃なのに、明日は12℃になるそうです。

これは僕が風邪を引いても致し方なし!

体が強い訳でもないので、
ここ最近の気温変化に対応しきれていません


さて、本日の題目はこちらです。
【リーダーの資質】


僕の3年後の目標としては、500人規模のプロジェクトマネージャー(以下PM)になることです。

マネージャーですので、やはり上に立ってリソースを管理する必要があり、
そこに一種のリーダー的資質が求められると思います。

ではどのような資質が必要なのかを僕なりに考えているのかと言いますと、

それは「人に任せる」という資質です。


人任せかいっ!!!

とツッコミを入れられそうですね。笑。

しかし、規模が大きくなればなるほど、僕一人でプロジェクトを回すことはできなくなります。
そうすると、どうしてもプロジェクトメンバーの力が必要になります。

そこで、
・メンバーが効率良く且つミスなく仕事が行える環境を整える
・メンバーが気持ちよく仕事を引き受けてくれるような信頼を築く
・メンバーのモチベーション・能力を最大限に引き出せるよう配慮する

などの能力がリーダーorマネージャーには求められるのではないかと僕は考えています。


なぜ、このような話をしたかといいますと、
先日の研修で行われたグループワークでのリーダーの挙動・発言に僕は違和感を覚えたからです。

挙動として、
・グループ内での役割分担を無視し、自分で作業に取りかかったこと
・戦略変更をしたにも関わらず、それをグループメンバー間で情報共有しなかったこと
・やや威圧的なモノの言い方をすること

この辺りに僕の違和感を覚えます。

さらに発言として、最後の反省会において「自分が100%の仕事をしても成功しない」と言っていました。

正直僕には信じられない発言でした。
その言葉は「成功しなかったのはメンバーの責任」という捉え方ができると思います。

メンバーに責任を求めるのはリーダーとしてあるまじき行為だと僕は強く思うのです。
それで信頼を得るなんてできるのでしょうか。

プロジェクトが失敗するのは誰のせいでもありません。
プロジェクトメンバー全員の責任です。

むしろプロジェクトの戦術を考える人として、
リーダーの責任は他のメンバーより大きいと僕は思います。

それを「自分が100%の仕事をしても成功しない」と言いきってしまう辺りが、
僕としては、まだ彼はリーダーとしての力は不足していると見ています。

ところが、何故か内定者からの彼の評判は高い


他の内定者の感じ方と僕の感じ方の違いが僕にとっての困惑の原因です;

その違いが将来への不安を助長している・・・

思っている以上に人と感覚がずれていて、自分は仕事ができない人間なのだろうか。
そんな不安を抱いてしまいます。。


リーダーの資質について、
会社の先輩と近々議論できたらいいなと思います



鳩山由紀夫さんがフォローしてくれました。笑
2010.04.10(sat)
ふとgmailの受信ボックスに目をやったら、

「鳩山由紀夫があなたをフォローし始めました」

の文字が。笑。

まぁ本人がやってる訳ではないのでしょうけど、
フォローしていただいて悪い気はしませんね

支持率が低下していく中で、
こういう小さな活動も有効な気が致します。



No.100 竜馬がゆく 一 / 司馬遼太郎
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

文藝春秋 1998-09-10
売り上げランキング : 188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.08(thu)
はい、どうもこんにちはーーっ!!!!!!

実はこの【竜馬がゆく(一)】にて、

なんとブログでの紹介ブック数が100冊に到達いたしました

いやーめでたいめでたい。
僕のちょっとした継続力によってここまで来ましたね。

そしてそんな記念の一冊に選んだのが司馬遼太郎さんの【竜馬がゆく(一)】です。

まぁ現在大河ドラマでも放送中ですのでご存知の方が多いと思いますが、
海援隊を率いた坂本竜馬のお話であります

・・・今更?って感じですよね。笑。


でもすごく読みたかった。

というのも、当社の社長の愛読書なんですよ

いつか社長と仕事がしたいと企んでいる新入社員の私としましては、
一つでも多くの共通項を作っておきたいと考えているのです。

ええ、ええ、そうですそうです、不純極まりないです


しかしですね、あのバスケの神様、マイケル・ジョーダンでさえ、
バスケを初めてた理由が女の子にモテるためなんです。

つまり、理由はなんでもいいんです!!!
読むことが大事!!!!

そんな訳で1巻を読み終わりました

読んでみて一番意外に思ったことは、坂本竜馬って意外と女好きだったんだね。

色々な女性が登場します。
お田鶴、お徳、お冴、さな子・・・

モテモテであります。

そうした人間味のある部分も描かれていて、個人的に親近感アップ
もっとお堅い小説なのかと思っていました。

ただ気になったのは、固有名詞の難しさですね;
これは送り仮名があるものはありがたいのですが、ない場合も多々あり、
ちょっと読みにくさを感じました。


しかし、やはり多くの人々に愛される名著だけあって、

黒船が来たときなどの情景や世界が絵として見えてくるようでした。
これはたんなる小説ではなく、立派な歴史書ではないでしょうか。

読んでいて日本史をもう一度勉強したくなりましたね

記念すべき100冊目に【竜馬がゆく(一)】を正解でした!
今後とも続きを読んでいこうと思います。


テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学



最近考えるマネーのこと
2010.04.06(tue)
大変申し訳ありませんが、コメントに関してはまた後ほど返したいと思います・・・

では本題です。
現在通勤に片道2時間半使っております。
これが往復5時間。

定時の18:00に帰れても20:30とかになります。
実際には定時よりも遅れるし、夕飯を食べたりするとすぐに21:00、22:00になってしまう。

ここに残業が加われば大変なことになります。



18:00から21:00まで3時間、残業したとすると、
帰宅時間が単純に23:30以降。

それから風呂だったり翌日の準備をして、また朝5:00に起きる。

家に着いた段階で睡眠時間を6時間確保できていません。



正直これは破綻していると言う他ありません。

やはり僕としては当ブログも運営していきたいし、色々と勉強の時間も作りたい。



ではなぜ、そうまでして実家通いをするかというと、貯金が最大の目的です。

単純に家賃が7,8万浮く。
その部分を貯金したいと考えている。

しかしちょっと待てよ。



残業時間が少なければ、稼ぎも少なくなり、貯金できないのでは??

例えば会社まで30分のトコに住むとします。
すると往復1時間で、現在の僕と4時間の余裕が生まれます。

21:00まで残業しても十分に自分の時間と睡眠時間が確保できます。
頑張れば23:00まで残業していても、今の生活より朝寝れる分楽になる。


仮に毎日残業が2時間多いとして、週5日の4週間の20日間を考えると、40時間分は多く貰えるハズです。

これは時給1500円で6万円分。
2000円分とすれば8万円分。


あれ、家賃分稼げるんじゃない??


仕事で疲れるのか、通勤時間で疲れるのか。

前者の方が僕としては有意義だし成長できると考えています。



・・・やはり近々一人暮らしを敢行するしかないように思います。



ワンピース次週予想【581話】
ONE PIECE ワンピース 【コミックセット】 ワンピース one piece ロゴ logoONE PIECE ワンピース 【コミックセット】
尾田 栄一郎

集英社
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.04.05(mon)


長い戦争がついにその幕を閉じました。


去年の8月頃にマルコの能力について議論した記憶があるので、
およそ8ヶ月間もこの戦争は描写されていたんですね。。

さて、いきますか。


1.シャンクスの親心

ルフィが落とした麦わら帽子を拾い、それをバギーにローへと届けさせた。

ラッキー・ルウが「10年ぶりのルフィだぞ?ひと目見ておかねぇのか!?」
と言葉を投げたが、シャンクスは背を向けたまま、


「ひと目・・会いてぇなァ・・だが・・今会ったら 約束が 違うもんなルフィ


そうしてルフィと交わることなく終わった。


<<(麦わら帽子を)いつかきっと返しに来い 立派な海賊になってな>>


この約束をシャンクスは10年経った今も覚え、そして待ち続けている。。。

親心ですねぇ。

血の繋がりはなくとも、ルフィを厳しくも優しく見守る父親のようです。



2.青キジと黄猿

ローの潜水艦に乗せられたルフィ&ジンベエ。
ルフィを逃すまいと青キジが海を凍らし、そして黄猿がビームの嵐。

完全に逃げ切れた!という描写はないのですが、ルフィたちは逃げ切れたものと考えられます。。



3.追うハンコック

海軍の軍艦でルフィの乗る潜水艦を追い掛けるハンコック!!!
これは・・まさかハンコックが次の仲間になるのか・・!!?



4.引き下がる黒ヒゲ

大将を失い戦意を喪失する白ひげ海賊団。
そこにシャンクスは「手を引け」と諭し、次に鷹の目ミホークが戦場を立ち去った。

沈まぬ士気が鎮静化していく・・。


海賊側も海軍側も、これ以上暴れたいのであれば、四皇の一角・赤髪海賊団が相手をする!

その一言で、これ以上は戦うことが無益であると皆が感じ始めた。


黒ひげ・ティーチに顔の傷の疼きを感じながらどうするのかを問うと、あっさりと手を引いた。

しかしまた気になる言葉を残して。


「おまえらと戦うにゃぁ 時期がまだ早ェ」


ティーチの真の目的がなんなのかわかりません。
しかし、その道に赤髪海賊団が立ちはだかる可能性をティーチは十分に感じているんでしょうね。

やはりラフテルにあるワンピースを狙っているんでしょうかね。



5.二人の弔いとセンゴクの承認

白ひげ海賊団が引き、王家七武海も引いた。
そして黒ひげ・ティーチも手を引いた。

戦場に流れるのは、海賊側の大きな喪失感と海軍側の虚無感。

海賊たちは最愛の親父を失い、
海軍はさらに性質の悪い敵を生み出してしまった。

この戦争で得たものとは一体。。。。。


そしてシャンクスは、白ひげとエースの弔いは自分が引き受け、
これ以上晒し物にさせないと断言。

反発する海軍将校の横で、それをセンゴクが認めた


「・・・お前なら・・・いい、赤髪」

こうして二人の遺体は赤髪海賊団が引き受けることとなった。




これも伏線だといいなぁ。

このまま火葬とかなしの方向で!!!
まだエース復活を信じていますよ、僕は。

今後の展開が待ち遠しいですね


んで残念ながら次週はお休みですが一応予想。

戦争が終わったので新しい章に進むのが最適かと思いますが、
別段「第一章 完」とか入っている訳ではないので、どうなるかちょっとわからないですね;

このまま数年後、時が過ぎるのか。
それとも他の麦わら海賊団に焦点が当たるのか。

扉絵でその他の麦わら海賊団の話を進めていたので、やはり数年後の話ってのが妥当でしょうか。

それかルフィが目覚めて、現実を受け入れる期間を描写するかもしれません。
また修行に励み、時の経過とともに心の傷も癒えつつ、さらに強くなる。

・・・なんか後者の方がいいような気がしてきました。笑。

という訳で、

ルフィが目覚めて、修行に励み、時の経過とともに心の傷も癒えつつ、さらに強くなっていく。

こんな展開で


テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック



K-1グランプリ2010 at 横浜アリーナ
2010.04.04(sun)
昨日生まれて初めて格闘技観戦しました

突然K-1のチケットが手に入ったので友人と二人で参戦し、
懐かしい選手を間近で眺めながらなかなか楽しい時間を過ごせました。

僕はアンディ・フグの時代を観ていた人なので、
最近人気のあるバダ・アリ選手等は実は知りませんでした。

しかし、ピーター・アーツやジェロム・レ・バンナといった昔からの選手がいて興奮したし、
武蔵選手の引退セレモニーにも立ち会えてすごくよかったんです。

ただ、




周りのマナーの悪さには愕然としました。

音楽のライブとか行くとマナーについて色々議論されています。
例えば、歌うことを求められていない時にオーディエンスが歌ってしまうとかとか。

しかしそうしたマナーが可愛く見えるぐらいでした。。。


先ず僕の列の端に座る男。

ひどい貧乏揺すり


アリーナの席はしっかりしている訳ではないのでその振動が直に届きます。
彼は貧乏揺すりの申し子なので、微動とかじゃないんです。


ガッシャンガッシャンするんです。

あまりの居心地の悪さに後半は椅子に座ることをやめてしまいました。。。。



次に僕の列の左斜め後ろに座る子連れのおっさん。

前が空席なのをいいことに、足を放り出しておく。
さらに性質が悪いのが、彼も貧乏揺すラーなのです

当然、僕の席は揺れに揺れる。

注意したいとこだけど、とにかくガラが悪い。
マイチキンハートはそういう輩とは絡みたくないので、もう我慢するしかありませんでした。。。



また真後ろ辺りに座るグループ。

まぁヤジは飛ばすわ、携帯電話で話してるわで、なんかもうガッカリです。

ただそのグループは選手の関係者のようで、
試合に出ていた選手を呼びつけて話をしていました。

でもいくら選手の知り合いだからといってそうした態度はいかがなものかと思います。



僕のように熱狂的なファンじゃない人からみれば、正直また行きたいと思えません。

ゴミもその辺に捨てられているし、
ご飯を買う列も割り込みあり。

非常に気分が悪い。


でも別段「ゴミはお持ち帰り下さい」とか「携帯電話は他のお客様の迷惑になるので・・」
的な運営者の注意もない。

嗚呼、これがK-1の文化なんだと思いました。


・・・そりゃ人気も落ちるんじゃないかい?


二階席にはもうガラガラで誰もいませんでした。


そうしたマナーの面でがっかりで、恐らく僕はもう行くことはないかな
1万円払ってその環境に足を運ぶほどファンではないので。

僕なんかはテレビで十分です。



睡眠
2010.04.03(sat)
入社を終え、二日間のオリエンテーションという名の研修を終えました。
月曜日からはちゃんとした研修が待っております

ずっと座っていることに慣れている僕としては、
何時間も座って話を聞くことに対して抵抗はありません。

むしろ人の話を聞くのは好きなので、人事等の話は結構興味深く聴かせていただいております。

では一体何が辛いかと言いますと。







片道2時間半の通勤です。


いやーこれは結構心折れます。
1年くらいは実家から通ってお金を貯めようと思っているんですけど、
往復5時間を費やすのはいかがなものかと;

毎朝5時起きだと、日々の業務を考えたときに恐ろしいものがあります。

行きは座れるのでまだ車内の時間を有効に使えそうですが、問題は帰り。
満員電車に揺られながらというのは結構体力を消耗してしまう上にできることが限られてきます。

本を読むのもちょっと一苦労。


現在の研修先が+30分されているので、
研修が終われば片道2時間になるとはいえ、やっていけるのか早くも不安です。笑。

2日間やってみてすでに睡眠時間が6時間確保できていません。

定時帰りでそれですから、今後残業が入った日には破綻するのが目に見えております。


これはどげんかせんといかん!!!!


睡眠時間の確保と車内時間の有効活用。

この課題に対して僕はこれから取り組んでいきたいと思います。



始動
2010.04.01(thu)

さぁ始まりました、社会人生活一日目!!

スーツに身を包み、電車に揺られること1時間半強。
入社式に臨んでまいりました。

社長の他に著名人の方が来て下さいまして、色々と話してくれました。


んで午後からは場所を移し、研修一日目。
まぁ研修ってもオリエンテーションで、給与体制だったりの説明が全て。

でも楽しかったです


初日ということもあって定時帰りだったし、何より座学が異様に楽しい。笑。

別段面白い話なんて何一つないんですけど、
その空気感というかなんというか。

新しい環境というものが僕にとって楽しいものなんだと思います。


一つ残念なのが周りの同期にネガティブ人が多いことぐらいかな。

やたらと「つまんない」「つらい」「きつい」のセリフが聴こえてきました。


座学が退屈でつまらないものなら、
自分で面白くしてしまえばいいのに。

関心を持って取り組むとそれだけで見えるモノ、感じるものは違ってきます。

不平不満を口にする前に、どう楽しくするかを考える方がクリエイティブでやりがいがあると僕は思います。

そういう考えを持つ同期に早く出会えるといいなぁ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。