プロフィール

ニーシェ

Author:ニーシェ
ひっそりと。
こっそりと。

日常の些細な笑いに貪欲に。

お気に召したら
相互リンク宜しくお願いしまふ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

amazon ajax

with Ajax Amazon

臆病な白虎。~蛍と遭遇~
映画や音楽、書物に芸術。 表現されたモノに触れ、色褪せる毎日を少し楽しくするためのブログ2。




--PRAY FOR JAPAN--
被災者の方々の無事を心より願います。

ソフトバンクケータイをお持ちの方はこちらから義援金をお願い致します。
softbank 義援金プロジェクト:http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



No.093 塔の上のラプンツェル
塔の上のラプンツェル

2011.03.28(mon)
昨日観てまいりました。

ディズニー映画50作目というアニバーサリーな作品。

正直に言うと僕はあまり期待はしていませんでした。



でも見終えた今、観て良かったと心から感じております。

久しぶりにファンシーで夢が溢れる映画を観ました。

こうした状況下だからこそ、沢山の人に夢を感じて欲しい。

夢を感じれる作品の一つだと僕は想います。



・・・・途中ダムが決壊する描写があってひやひやしましたが。苦笑

本当に、人を思う心がよく表現されていて、涙が出そうでした。



またディズニーらしい、ミュージカルのような描写が多くて感動的。

映像の観点でいうと、
今のCG技術は本当にすごいと思います。

大学・大学院とCGを勉強しCGの難しいさを少なからず知っているつもりですが、
髪質の表現も素晴らしかった。

そして水。

僕は流体の表現の研究をしていたので、水の描写があるとついついじっくり見てしまいます。笑

しかしながらリアリティのある描画で、
アメリカのCG技術は感嘆の域にあると思います。


CGを見るだけでも十分価値があるかと。


もちのろんで3Dでした。笑

でも3D以上に、ストーリー・映像美を楽しんでいただければと思います。

50作目の記念すべき作品、間違いありません

参考:塔の上のラプンツェル






スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



No.092 天国への郵便配達人
テレシネマ7 DVD-BOXテレシネマ7 DVD-BOX

東宝 2010-09-23
売り上げランキング : 2039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.11.21(sun)
韓国の人気俳優、監督が日本の人気脚本家のオリジナル作品を日韓共同製作するプロジェクト「テレシネマ7」。
その7つの作品のうちの一つ【天国への郵便配達人】を鑑賞。

東方神起のジェジュンが主演していることでも話題であるだけでなく、
脚本にはあの「ロングバケーション」の北川悦吏子さんも名を連ねる。

全体の感想としては、映像がキレイであること、そして設定が面白いこと。
その2点が挙げられると思います。

時間も100分強であり、少しコンパクトですがまとまり感はあるかと。


ストーリーを触れると、
ジェジュン演じるジェジュン(名前が一緒なんです。笑)は天国へと手紙を届ける配達員。

草原の真ん中にぽつんとある赤いポストに投函される
死んだ人への手紙を受け取り、それを天国へと届けるとのこと。

そんなポストに投函しにやってきたのがハナ。


そこから二人の物語が始まります。


自分の仕事を手伝わないかとジェジュンはハナに話を持ちかけ、
一度は断られるものの、結局は二人で仕事をしていくことに。

そして仕事をしていくうちにジェジュンにハナは惹かれていくのだけれども、
最後は辛い現実がハナを待ち受けている・・・

果たして二人の未来は明るいのか、それとも悪いものなのか。



ってな具合です。笑。

個人的に韓国映画ってほとんど観たことがなかったので斬新で楽しかった。


難点を言うのであれば、細かい設定が歪すぎ。

ストーリーと全く関係のない演出があったり、
普段の行動からだと考えられない動作があったりと違和感を感じました。笑。

そうした違和感も含めて楽しめましたけど


もし良ければ是非。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



No.088 TOY STORY 3
トイ・ストーリー3 [DVD]トイ・ストーリー3 [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-01
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.08.15(sun)
昨日はテレビも含めて映画を三本鑑賞しました!

「トイストーリー3」「借りぐらしのアリエッティ」そして「ナショナルトレジャー2」

一日に映画館で2本見るなんてと言われるかもしれませんが、
時間とお金を考えたときに僕はそうした行動も辞しません。

多くの人が日々の生活の中で時間を捻出することに苦労されていると思います。
その中できっと「時間がないから」と諦めてしまったこともあると思うんですけど、
(特に映画とかの娯楽は優先順位低いと思いますし)

僕はその辺りワガママなんですよ。笑。

見ると決めたら絶対に見ます。

そのために一日2本見る必要があるならばためらうことなく見ます。

来週にしたらまた映画館に行く時間が捻出できないかもしれない、
来週にしたら終わってしまうかもしれない。

そうした不安要素を感じるのは個人的にはあまり好ましくありません。
(DVDでいいやと諦めてしまえばそこで話は終わりますが、諦めません)


また14日はTOHOシネマズが割引している日で、1000円で見れます。
(トイストーリー3は3Dということもあってか1300円でした)

ならばこの安いタイミングで二本見るという結論も出てくる訳です。



・・・と、二本見ることに抵抗感を示されることがいるという話を聴いたので、
ちょっと自分の考えを述べてみました


さてさて、映画の話です。

僕はトイストーリー3を鑑賞するために、トイストーリーとトイストーリー2もDVDで予習しました。

続編物は前作を予習するのも僕の中のポリシーです。笑。


そうして万全の態勢の中臨みました。
しかし1と2を観た感想としては「悪くないな」ってぐらい。

むしろ最新のCGが見れることに重きを置いていた節がありました。


ところが。




ここまで涙ぐむとは。

もうCGもさることながら、涙で3Dメガネが曇る勢い。
詳細は以下の「もっと読む」で述べたいと思いますが、とにかく感動しました。

随所に笑いがあり、パロディがあり、そして感動がある。

興味がない方は是非騙されたと思って観て欲しいです。
モノに対する価値観も変わるかもしれませんよ?

あとやはり玩具の話なので、
小さい頃遊んでいたオモチャどうしたっけなって懐かしい思い出に浸れます。

そしてそれが意外と盛り上がります。笑。


映画を観るのは倦怠期のカップルだという声も伺いましたが、
・映画で笑い感動する
・鑑賞後に子供時代の話で盛り上がる
・モノを大事にする心が芽生える

といった特典がもれなくついてくることを考えると、
倦怠期と侮ることはできないと思います

是非ともご覧くださいな
僕は将来DVDで買うぐらい好きです。
オススメ致します!!

物語の細かい話は以下の追記でお楽しみ下さい

[READ MORE...]

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



No.087 TOY STORY 2
トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2010-06-23
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.07.20(tue)
アメリカが誇るピクサー社の初めてのフルCGムービー【トイストーリー】
その続編がこちらの【トイストーリー2】です。

そして2010年7月10日、
およそ10年ぶりに、続編として【トイストーリー3】が公開しました!!


まぁおわかりかと存じますが、
【トイストーリー3】を観たいが故の予習です。笑。

本当は【トイストーリー】も観たかったんですけど、残念ながら貸出中でした。
なので【トイストーリー2】だけを借りて鑑賞致しました。

ストーリーとしてはカウボーイの人形ウッディが盗まれてしまい、
それを他の人形たちが助けにいくというもの。


公開が10年前ということもあって、CGの技術は懐かしいものがあります。
最近はCGの技術も頭打ちな気がしていましたが、
このように10年前の作品を観ることでその進歩が感じれて、非常に気持ちが高鳴ります

それから僕は初めてリトルグリーンメンを観たんですが・・




めちゃめちゃ可愛い。

3つ目の緑色の変なキャラぐらいの認識だったんですけど、
【トイストーリー2】を観て意識は180度変更。

上手くしゃべれないのが愛くるしい。
幼児のような、高音で

「命の恩人 感謝 永遠に」

と皆でその命の恩人に群がっていきます。笑。
これは可愛い!!

その可愛さを堪能するためだけでもどうぞご覧になっていただきたいですね!

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



No.083 カールじいさんの空飛ぶ家
カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2010-04-21
売り上げランキング : 20
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.05.05(wed)
黄金週間の時間を利用して先日鑑賞致しました
本当は劇場に出向きたかったんですけど、
当時は論文投稿や修論に忙殺されてまして。。

が、今こうして見ることが叶いました

休日が休日である社会人生活!!最高!!!!


さてさて、本編についてですが、
実は劇場に足を運びたがっていた割に実はそこまで期待もしていませんでした。

というのも主人公がおじいさん。
そして空飛ぶ家がテーマとなれば、
わりとゆったりファンタジーの世界かなぁと思っていたんですね。

なので期待していた部分と言えば専らストーリーより描写部分。
世界最先端のCG技術はどこまできているんだろう、という確認の意識が強かった。

ところが。




何、このアクション映画。

おじいちゃんが飛ぶわ跳ねるわで、
最終的に気球船の上でダイハードばりのアクションを繰り広げるのです。笑。

見た目はじいさんだけど、動きは完全にアクションスターです。


つまり、まったり映画ではなくアクションを含めたアドベンチャー映画なんです!!!


ホント以外でしたねぇ。
冒頭の妻との馴れ初めに始まり妻とのシーンには思わずウルウルきてしまいましたが、
それ以降の話はもう心躍るアドベンチャーですごく楽しめました

それから本編には犬ちゃんが大量に出てくるのですが、
これがまた可愛い。笑。

一匹を除いて一応悪役なんですけど、全然可愛いんです

犬好きの方には是非見ていただきたいところですね。


またCGはもうさすがの一言に尽きます。
ピクサーがいる限り、僕なんかのCG研究は役に立たないと心挫けます。
・・・まぁもう研究しませんが。

これからはCGを研究する側ではなく、観る側として存分に楽しみたいと思います


総評として、十分観る価値はあると思います。
特に僕のようにタイトルから「まったり映画」と勘違いしていた人にとっては特に。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



No.082 アリス・イン・ワンダーランド
2010.04.18(sun)
久々の映画を観てきましたー。
っても先月の12日に「ライアーゲーム」を観ていますが。笑。

今回観てきたのは公開して間もない「アリス・イン・ワンダーランド

不思議の国のアリスのその後を描いた作品です。


・・このその後の内容が原作としてちゃんとあるのか、
それとも鬼才ティム・バートンのオリジナルかはわかりません。

公式サイトに行けないので調べられませんでした;
いつか時間があったときにでも調べることにします。

また画像も紹介のために載せようと思ったんですけど、
さすがディズニーに絡んでいるだけあって宣伝用の画像さえもありません。

まぁ本来は載せてはいけないんですけどね;


さて、さらに本作の特筆すべきはやはり3D作品というトコでしょう。
3Dメガネをつけて二時間ばっちり観てまいりました。

本編前の宣伝を観てる限り、徐々に3D作品も増えてきており、
テレビでも3Dテレビが市場に出てきたことを観ていると、世の中は3Dへと移りつつあるのかと感じてしまいます。


んでは内容について。

もともと「不思議の国のアリス」自体、カオスな作品であり、独特の世界観がウリ。
そこにあのティム・バートンが絡んできてるんですから、


ついていけないほどの世界観が構築されております。


言葉も意味がわからないフレーズばかりで、
なんだかよくわからなかったというのが正直な感想です。苦笑。

でもそれがこの作品の良さなのかなと思う。


ただすごいなぁと感心するのがCDのクオリティ。
・・・前日に観た日本ドラマ「怪物くん」と比較してしまったせいか、
やはりアメリカ映画での3Dの使い方は目を見張るものがあります!!!!!

あとはやはりチシャ猫の可愛さです

原作のチシャ猫はあんまり可愛くないのですが、
世界的な人気を受けてか、すごく可愛く且ついい子に描かれておりました。笑。

チシャ猫好きの方は是非ご覧ください


さらにちょっとした雑学なのですが、

原作では「チェシャ猫」と言うそうです。
そしてディズニーだと「チシャ猫」となっているとのこと。

今回は原作を尊重してか、チェシャ猫になっておりました。

総評としては、
興味があれば観る、興味がなければ観なくてもいい、そんな感じでした

3D作品としては、次はトイストーリー3が個人的には観たいですね。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



No.081 ダヴィンチコード
ダ・ヴィンチ・コード [DVD]ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-04-16
売り上げランキング : 12185
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.03.18(thu)
フランス旅行の前に見ておこうと思って借りてきた一枚。
原作は4,5年前の学部時代に読みました。


非常に好きな小説です

でも映画は観ませんでした。

というのも、かなり文量のある小説だったので、
それを2,3時間に集約してしまっては内容が軽くなってしまい、がっかりしそうだったから。

でも今回観て正解だったかも

さすがに4,5年前に読んだ原作なので自分も詳細までは覚えておらず、
そのせいかダイジェスト版として色々思い出して楽しめました。笑。

もし原作を読んだ直後だったら、
きっと「あのシーンも省くのかよっ」と文句を垂れていたんでしょうけど、

今だからこそ楽しめましたね


そしてフランスをちょっと堪能しました
ルーブルにも行くので、館長が殺害された場所などを見て「ここかー」と感慨に耽ってきます。笑。

内容としてはわりと楽しめました

文章より映像の方が伝えやすい部分もあると思うし、
そういった意味では、たとえ原作を読んだ直後であったとしても観てみる価値はあるのかも。

参考:No007 ダヴィンチコード<上巻>
参考:No008 ダヴィンチコード<下巻>


テーマ:洋画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。